JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
元オリンピック選手長崎宏子の生き方
2004年 08月 25日 |
b0003287_1451596.jpg

2004/8/25

朝、車を運転中に思いがけず元競泳選手、長崎宏子の特集が放映されているのを見かけた。
その内容に思わず車を止めてまで見てしまった。
長崎宏子と言えば、幻のモスクワ、ロス、ソウルと3つのオリンピック代表選手で、金メダル確実と言われながら、一個のメダルも手にすることができなかった選手だ。
その時の重圧、苦しみ、屈辱を振り返りながら、長崎が笑顔で話している。
苦しみを乗り越え、今でも水が大好きだと語り、ベビースイミングのコーチをしている彼女は、私が体育大学の時に見た少し尖ったイメージとは全く違う瞳の輝きの強い、とても魅力的な笑顔の女性だった。

「水泳とはあなたにとってなんですか?」
「私自身です。」

この言葉を聞いて少しの時間考えた。
「これは私自身です。」と言えるものがあるだろうか、と。

どんな些細な平凡なことでもいい。
これから大きな事を目標に頑張るのもいい。
「これは私自身です。」と言えるひとつのものを持てるような女性になりたいと思った。

あなたには「これは私自身です。」と言えるものがありますか?(^-^)


b0003287_14195196.jpg

少しずつマムシ(ハブ?笑)の威嚇猫花子と距離を縮めたいタラちゃんは、花子のしっぽを見るやいなや追い回しては追い返される。
しかし、あまりの赤ちゃんだけに花子も最近は威嚇しつつ呆れ気味。(笑)
距離が少しずつ縮まってきましたよ♪

(年を考えろ!と言いたくなるようなポックリサンダルが写っていますが、これが便利なのです♪まず、脚が長く見える!そして、雨が降った時に濡れない!>道路が水びたしになっても5cmくらいまではイケます!笑)
[PR]
by junmama96 | 2004-08-25 14:28 | スポーツ |
<< 栄光の影の苦しみ? PageTop スポーツの感動 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon