JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
2004年 08月 04日 |
高田三郎作曲、相浦清子作詞の女声合唱曲 「泉」

そこから ながい旅ははじまる
そのひとしずくは ひそかなふところに 
わかれを つげて

そこから 無垢のよいものが湧き出ている
その岩の影から

おかえり おかえり おかえり
あの母の ふところに

あそこに 無垢のよいものが湧き出ている
あの岩の影に
大地の深みから

(中略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの合唱曲に特別な思い入れがある。
多分一生忘れる事が出来ない。
高校3年生の時、
学校行事であった合唱コンクールの選曲をしていた時に偶然聞いたこの曲、
清らかな女声だけで「水の一生」を天に向かって歌い上げたような旋律、
これを高校生活最後の曲としてクラスで選び、そのあまりの清らかさに指揮をしながら涙が止まらなくなった。
全てのものに命を与え、この地球の源となる水、そのふところになる大地。
湧き出た無垢のよいものはやがて川になり、大海原に出る。
そして汚れ、疲れ果て、再び大地のふところにかえってゆく。

今、それを心から感じることができるのは、毎年夏になると職場でゆく山。
今年で4回目になる。
まだ、娘たちの体力を考えると登攀は出来ないが、いつも心の奥そこに忘れられず、何故か思う度に胸が苦しくなるあの北アルプスの峰々へいつか必ず向かいたいと思う。

今週末から無垢のよいものに出会いに、
心の洗濯をしに、行ってきます。
b0003287_11103969.jpg

b0003287_11104968.jpg

[PR]
by junmama96 | 2004-08-04 11:18 | |
<< 一期一会 PageTop 今ある環境 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon