JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
真夜中に梅酒。
2006年 07月 03日 |
とある梅の木によじ上り、梅泥棒(笑)
もうかなり黄熟していたので、青いのだけを選り分けて梅酒に。
黄熟が進んでいるものは梅シロップを作った。

真夜中の作業。←なんで?(笑)
いやいや、共犯者が皆梅酒好きで楽しみにしているもんだから、
腐らせたら大変ごと!(笑)
b0003287_985295.jpg

大きい瓶には、黒酢と一緒に漬け込んだ梅シロップ。
小さい瓶2つには、ノーマルな梅酒を。
すぐになんて変わらないのに、見ていて「早く飲みたいなぁ・・」と覗き込んでしまう。

b0003287_910427.jpg

夜中の作業はキッチン上のスポットライトだけ。

きれいだなぁ・・・
氷砂糖がライトに当たって透明に光ってる。
本物の氷みたいだ。

氷の中の青梅は、まるでスポットライトを浴びた主役のように、リカーの中で
ゆらりゆらり・・・
とてもきれいだった。

Haもそうであれたらなぁ。
ふと思った。
日々の練習、氷の上で転倒を繰り返し、ついには「膝蓋骨剥離骨折」
長期の休養を必要とする事態に先生は思いのほか冷静だった。
「今月の部費どうしますか?回復して一日でも出ることになると、一日でも全額かかりますけど。」

Haのスケートをしている姿を見るのが好きだった。
滑り終えた時の笑顔が大好きだった。

Haのスケートをやめさせる決心が85%かたまった。
後は氷の上のHaの笑顔を忘れるだけ。ピンと張りつめたあの空気を忘れるだけ。

3歳からずっと苦しくても我慢してやってきたね。
きっとHaの気持ちを聞いたら、絶対やめたくない、って言うよね。
オリンピックチャンピオンになるのが夢だってずっと言ってたもんね。
Ha、ごめん。。

いろいろ思いながら見つめた真夜中の梅の実。
スポットライト、浴びたかっただろうな・・・

4日、先生に直に会って話してくる約束をしている。
それで終われるのか・・・
リカーの中の梅のように、私の心はまだ揺れている。
[PR]
by junmama96 | 2006-07-03 00:00 | スポーツ |
<< Ha、9歳の誕生日。 PageTop 「ログハウス文庫」新刊 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon