「ほっ」と。キャンペーン

JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
カテゴリ:忘れられないこと( 5 )
|
|
2008年 07月 05日 |
7月に亡くなった愛猫花子。

b0003287_14263981.jpg

居ても居なくても気づかないくらい
居る事が当たり前で
フッと
「どこにもいないんだ」
と思う瞬間があって
涙が止まらなくなったりしました

7月5日、荼毘に付された花子のお骨は、とても温かく真っ白で。
b0003287_14271377.jpg

b0003287_14284366.jpg

今でも、これからも、ずっとそばに居るような気がします。
いえ、そばに居るんだと思います。
[PR]
2008年 07月 03日 |
「花子とずっと一緒にいた。」
という日記を書いてからもう3年。

今朝、愛猫花子は、20年の生涯を終え、天国へと旅立ちました。

b0003287_1426462.jpg


本当にずっとずっと・・・一緒に生きて来ました。

苦しむ事もなく、私たち家族が起きて来るのを待っていたかのように・・・

3回、大きく旅立ちの声を上げ、その直後に息が止まりました。

家族全員が見守る中、あっという間に逝ってしまいました。

スローモーションのように一緒にいた20年が通り過ぎました。

飼い主の手をわずらわすことを一つもせずに、大往生でした。


無償の愛情を私たちにくれた花子、
ずっと私を愛してくれた花子、ついて来てくれた花子でした。
最期に「もう逝くね。」と言ったのかな。。

ありがとう。

そう言って送り出してあげようと思っています。

b0003287_1431447.jpg


‥コメントのお返事、もう少しだけ待っていてくださいますか?
[PR]
2007年 01月 08日 |
皆様、新年明けましておめでとうございます。
どんなお正月をお過ごしでしたか?
今年一年もまた皆さんにとって素晴らしい一年でありますように。

私には、三が日の間も忘れられない出来事がありました。
正月早々と思う方もいらっしゃると思いました。
考え方の違う人もたくさんいるので、日記にするべきか悩んだのですが、
やはり、私にとって忘れられない出来事だったので、記しておこうと思います。

・・・・・・・・・・

箱根駅伝を見終わり、順天堂大学の往路優勝に湧いていた2日午後、
Haとaiが玄関で大声で私とおっとうを呼んだ。
「もっくん(我が家の猫王子)のきょうだいの様子が変なの。死んじゃうかもしれないから、パパとママ見て!!こっち来て!!」
何度かしつこく呼ばれて、我が家のモクの次の代に同じ母猫から生まれた子猫の様子を見に玄関に出た。
Haが抱きかかえていた子猫は、10月に生まれた猫の中で、私の記憶の中ではHaやaiに最もなついていた子猫。
数日前も何匹もの兄妹と一緒に玄関先で遊んだり、子供達の膝に乗ったりしていた子猫だった。
この手に渡された瞬間、
「これは・・・もう助からない・・・」
と思った。
どういう状況なのかわからないが、目は閉じたまま、息をしているのかもわからない。
首はグッタリと下に落ちたままだ。
身体も冷たい。
「Ha、苺の箱と、タオルを2枚くらい持って来て。」
最期の時を箱の中で看取ってあげようと思った。
身体をタオルで包んであげた時だった。
子猫は大きく息を吸って、ニャーー・・・・ニャーー・・・・と身体を動かした。
その後も鳴き続けた。

「生きようと・・・生きたい、と言っているんだ!」

おっとうが私に言った。
「そのまま抱っこしてて、俺、ネットで動物の救急病院探して来るから!」

そうしているうちにも、今にも息絶えてしまうような小さな身体だった。
おっとうが探した病院は、幡ヶ谷(渋谷区)にある「日本動物医療センター」。
遠い・・・
車を走らせている間に、きっと息を引き取ってしまうんだろう。
そう思いながら、何もしないよりずっといい、と思い、娘達と一緒に都内に車を走らせた。

いつも登校班の子供達が集まる時間、膝に乗せてもらいたくて、子猫たちが集まっていた。
そこにこの子も元気にいた。
ノミやダニがたくさんいたらしく、いつも子猫たちはあちこち掻いていた。
寒い夜は外の箱で、子猫だけで団子のように丸まって寝ていた姿が印象に残っている。

「生きたいんだろ、頑張れ!」

車の中で何度も何度も心臓を強く押しながら、幡ヶ谷の動物救急病院に着いた。

そこは、人間の病院並みにお正月の患者(?)動物がごった返している中、
「連絡を入れた猫です。もう意識がありません!」
「はい、すぐにお預かりさせていただきます!」
看護士らしきスタッフがあっという間に子猫を連れて行ってしまった。

待っている間、色々と考えた。
医療費のこと、そして死について。
動物は自分の死を自分で悟る。
それは自然の理。
こんな状態になっているものを医療で蘇生させて何か意味があるのか。
この子の命を助けただけで、他の寒さに凍える全ての猫たちを助けてあげられる訳ではない。
でも、今、目の前にいるその子猫に、確かに感じたんだ。
「生きたい」って。

ドクターが来た。
「子猫ちゃん、状態がひどいです。まず、何故こんなひどくなるまで放っておいたのですか?衰弱に気づかなかったでしょうか?あと、汚れ・・ノミやダニも相当なんですが・・・」
「待って下さい。うちの猫じゃないんです。近所で飼われている猫なんです。こんな状態なのを娘が気づいて、飼い主はまるで無頓着だったので・・・」
「そうですか・・・名前を教えてください。」
「名前・・・ないんです。どの子猫にもつけていなかったみたいで・・・」
「では、名前がないのではかわいそうなので、何か付けてあげてもらえますか?」
「はい・・・」
渡されたカルテに「希(のぞむ)」と書いた。
とっさに決めて書いたので、希望の希がのぞむと読まないことなど全く気がつかなかった。

それから2時間ほどで、動物ICUと書かれた部屋に通された。
「検査をしましたが、のぞむくん、血糖値がほとんどゼロに近い数値でした。それから脱水ももう限界にきていました。衰弱が激しいので何とも言えませんが、先ほどブドウ糖の注射をして、輸液治療を行い、意識が戻ってきたところです。しかし、体温計で体温が取れない(33度以下)ので、これからどう回復していくか、入院が必要ですね。入院費などがかかってきますが、飼い主の方とはお話しされますか?それともこのまま治療を続けてもよろしいですか?」
おっとうがすかさず言った。
「はい、連れて来たからにはしっかりお願いします。」

温かい湯たんぽと毛布に身を包んだ希(のぞむ)は、毛布の上からでもわかるくらい穏やかに呼吸をして眠っていた。
かすかな光が見えた中、Haとaiがうれしそうに「明日も来るからね。のぞたん、頑張るんだよ。」
と声をかけて家に戻った。

3日昼過ぎに病院に電話を入れた。
家族みんなで希の回復を祈ってかけた電話だった。
主治医の先生が電話に出て、
「のぞむちゃん、少し元気が出てきました。餌も僅かですが、自分から口にしようとしています。体温が中々上がって来ないので、依然低空飛行が続いていますが、これから他にも病気がないか検査していく予定です。今日は来られますか?」
「本当ですか?!はい、行きます!」
うその様だった。
あきらめていた命が繋がった!
家族でまた希に会いに行こう、と言って幡ヶ谷に向かった。
娘達のうれしそうな顔が忘れられない。
b0003287_17295816.jpg

b0003287_17301348.jpg

ICUに入っていた希は、部屋に入るなり「のぞたん!!!」と呼ぶ娘達の声にすごく反応した!
目が開かないものの、呼ぶたびにニャアー・・・と声を出し、4本足でよろけながらも立ち上がり、両手を広げたHaとaiの腕の中に入って来た。
「わぁ・・・」
Haとaiは何度も何度も「のぞたん、のぞたん」と呼び続け、まるで一番うれしい場所であるかのように、希は腕の中でウトウトしていた。
私とおっとうも、そんな姿を見て、飼い主と話しをする決心をした。
「また明日来るからね!のぞたん!!」

夜、飼い主(モクをもらったお家)の両親のところへ話しをしに行った。
「飼っているという認識がある以上、避妊手術や里親探しやワクチンなどは必ずしなければいけないことであり、飼い主としての義務ではないでしょうか。」
しかし、
この飼い主には、私とおっとうの話しは全く通じなかった。
希もどこかで死んだと思ってた、と言い、子猫はどこでも排泄するから、という理由で、この寒空の下、段ボール一個で野放しにしていると言う。
母猫、父猫は家の中で飼っていると言う。
モクの兄弟も自家用車で数匹ひいて死なせてしまっているそうだ。
「どうか、これ以上、不幸な子猫を増やさないためにも、避妊手術を受けさせてあげてください。」と強くお願いするだけだった。
そして、希と共に生まれた子猫たちを抱きかかえ、我が家のウッドデッキに段ボールを堅くアルミホイル、ビニールで寒さ避けした簡易住処を作り、中に湯たんぽを入れ、食べ物と水をたっぷり与えて保護した。
「おまえ達、希がおまえ達をこの寒さから救ってくれたんだぞー・・・、きれいにしてあげるから、そしたら一生可愛がってもらえる里親を見つけてあげるからね。」

その次の日の早朝の事だった。
真夜中だと寝ぼけて携帯電話がなっていることに気づいたのが、午前5時前。
03という着信番号を見て、状態が悪くなったことはすぐにわかった。
「こちら、動物医療センターです。先ほどからのぞむちゃん、容態が急変しまして、現在心肺停止状態です。今機械による蘇生を行っていますが・・・」
「それは・・・もう、望みがないと考えた方がいいんですよね。」
「・・・はい、残念ながら・・・。子猫ちゃんの容態の急変は非常に多いんです。このまま蘇生を続けますか?」
「・・・いえ、家につれて戻ります。今からそちらに向かいます。」
「はい、では、残念ですが・・・機械を外させていただきます。」

おっとうが寝床で言った。
「ダメだった?」
「うん・・・」

真っ暗な窓の外を眺めながら、心は意外と冷静だった。
治っても虚弱体質で、仕事をしている私が果たしてどこまで面倒を見てあげられるか、
そして治療費がかかっていることも・・・希はわかっていたのかもしれない。
車の中で、おっとうとそんな話しをしながら、私たちはできるだけのことをしてあげられたんだから、後悔はしてないと思った。

病院の夜間出入り口から入ると、主治医の先生、看護士、会計スタッフが頭を下げて直立していた。
看護士の一人が、白い小さな小さな箱に入った希を運んできた。
かけてあった白い布を取った瞬間、目の前にいた希は、昨日まで生きようとしていた希。
首に花飾りを付けてもらい、両手にはお線香を持たせてもらって静かだった。
”冷たい・・・”
こらえきれず、涙が止まらなくなった。
次から次へと涙がこぼれ、

「あぁ・・・のぞむちゃん、こんなにきれいにしてもらったの。
こんなに小さな身体でよく頑張ったね。温かいお家に帰ろう。大好きだったHaとaiにいっぱい抱っこしてもらおう。」

昨日、Haとaiの腕の中で一番安心したように鳴いて、眠っていた希。
もしかしたら、希と命名してもらい、名前を呼んでもらい、温かい腕の中で包んでもらうために、最後の力を振り絞って死なずにいたのかもしれない。

命名とは、「いのちの名前」と書く。

名前をつけてから、たった一日と半分だけの命だった。
けれど、名前を呼んでもらい、希は幸せだったと信じたい。
b0003287_17592382.jpg

こんなに小さな身体で生きようとした希の最期を心の中に強く焼き付けた。
Haとaiにも、このことをしっかり伝えた。

冷たくなった希を何度も何度も抱っこして、荼毘に往く車をぐちゃぐちゃの顔で見送ったHaとai。

「大切なことを教えてくれてありがとう、のぞたん。」

b0003287_1844028.jpg

晴れ渡った昨日、たくさんの動物たちが一緒に眠る合同慰霊塔に納骨された希に会いに行った。

「のぞたん。」
「のぞたん。」
塔に手をあて、名前を呼び・・・
命の名前、「希」と名前をつけて、その名を呼んでもらった希が、それからたった一日と半分の命でも、幸せだったと信じたい。
[PR]
2005年 07月 22日 |
「じゅんちゃん・・、さっくん死んじゃった・・・。今朝、車にはねられて、」

信じられないメッセンジャーに一瞬目を疑った。
さっくんは、私の大切な友だちroseさんのお家の猫。
roseさんのサイトで「今日のまるちゃん」というコンテンツがある頃から、
まるちゃんの脇にいたさっくんの事がとても好きだった。
実際に会ったのは3度しかない。
けれど、さっくんが大好きになった。
roseさんに会いに行く楽しみと同じくらいさっくんに会いに行くのが楽しみだった。
さっくんが大好きだった。
Haを連れて行った時もさっくんはHaとたくさん遊んでくれた。
Haもさっくんが大好きだった。

ごめんね、さっくん、roseさん、
メッセンジャーに気付くのが遅くて。
気付いてあげられなくてごめんね。。

Haが大きな声で言った。
「なんでお外に出したの!!」
完全な家猫である我が家の猫しか見ていないHaにはそうとしか考えられなかったんだ。

でも、私も、roseさんのブログに写っているさっくんを見てうなだれて泣いた。
涙が止まらなかった。
「なんでそこにいったの。なんでわからなかったの。さっくんのバカたれが・・・バカたれが・・・」


去年の8月の「山旅行」の日記、「一期一会」に載せた写真のあの教授も亡くなってしまったと、つい最近聞かされた。
会って話しをしたのはたったの2回だけだった。
たったの2回・・・。
でも、何の理由もなく、言葉では説明できないけれど、その人、その生き物、そのものが、好きになったり、心に残ったり、忘れられなくなったりする。

「みちくさが好きでねぇ。女房と二人でみちくさ食いながら帰ります。」
「来年もここで必ず会いましょう。」
教授は力強く私の手を握ってくれたはずだった。

さっくんも、教授も、どこまでみちくさ食いに行っちゃったの。
私の心に何か残して。ずっと残して。
残しっぱなしにして。

さっくんがなぜ心に残る大好きな猫だったのか、
それは、きっとroseさんのブログのあちこちに在るさっくんの姿を見れば分かると思う。
教授がなぜ心に残る人だったのか、
それは写真に写る穏やかな笑顔を見れば分かると思う。

在るものは皆、必ず相対するものの心に残る何かを与えている。
好きになることに理由なんてない。


追伸:
roseさん、断りなくさっくんの写真をいただいたことを深くお詫びします。
ブログに残っている全てのさっくんを見て、一番好きなさっくんの姿です。
そんなさっくんでした。

b0003287_16183918.jpg

b0003287_16185043.jpg

[PR]
2005年 07月 10日 |
十年一昔って言うじゃない。
つい昨日の事のようで、でも、よーく考えると、
その間にはすごく色々な事があって、
一言では語り尽くせない時が経っている。

私以外の家族全員が流行性ウイルス性結膜炎になってしまい、
出来るだけ人様との接触を避けなければならなかった週末、ブラブラとドライブをし、神田(秋葉原)にたどり着いた。
b0003287_1173368.jpg

一昔前の私の営業職の舞台だった場所、秋葉原。
「日本で一番嫌いな場所だよ。」
よくこの場所をそう言って嫌っていた。
いや、今も嫌いだが・・・(笑)

ビルのエアコンの排気熱と人混みで呼吸が出来ない街並み。
ワケのわからない部品や怪しいコンピューターの店が軒を並べる。
マニアックな気持ちの悪い担当の店の店員たち。(笑)
盗聴マイクや盗撮用カメラの部品を汗吹きながら眺める男性客。(笑)
全てが嫌だった。
全てが気持ち悪かった。
毎日がうんざりだった。

そう、この秋葉原と神田を繋ぐ「ふれあい橋」(秋葉原ワシントンホテル脇)のこの場所で、汚い神田川を眺めながら、あの頃の私は毎日思ってた。
「あ〜あ、営業バッグをここに放り投げて仕事辞めちゃおうかなー・・・」
「ん〜・・あんなところに神社がある。神頼みでもしてみるか〜・・」
b0003287_1132350.jpg

その神社の名前は「柳森神社」。神田の柳森神社で検索をかければたくさん出てくる有名な神社だ。
しかし、神田のビルの谷間にひっそりと佇んでいる小さな小さな神社。
道路からも階段で下がって行くので、大抵の人は気付かずに通り過ぎて行く。
「おお!昼寝するのに、ピッタリの場所じゃんけ!!」←バチ当たり
この神社の古くからの歴史やご利益など知る由もなく、ただ疲れ果てた姿でヨロヨロと階段を降りてはベンチで毎日昼寝した。(爆)
クロと呼んでいた子猫がいた。
いつの日か私になつき、昼寝する私の膝の上で丸くなっていた。
神社を守るおばあちゃんもいた。
いつも声をかけてくれた。
落ち込んでいる時はお茶室に入れてもらい、神田川を眺めながら励ましてくれた。明るく元気できれいなおばあちゃんだった。あの頃もう80くらいだったか。

もう13、4年も経っちゃったのか・・・
神社の鳥居の下に立って、あの頃の事を思い出す。
b0003287_12434675.jpg

ああ、
何もかも変わってない。
クロと一緒に昼寝したベンチも、帰りになでたお狸様も、みんなそのまんまだ。
b0003287_12493346.jpg
b0003287_12494528.jpg
b0003287_1250313.jpg

けれど、

励ましてくれたおばあちゃんも神主様も、気持ちをほぐしてくれたクロも、もうここにはいなかった。
あの時の神主様と顔のよく似た神主様が、色々お話ししてくれた。

今になってわかる。
気色悪かった(笑)秋葉原での営業も、その経験は今の私にとってチカラとなっている。
毎日の中で何気なく接していた神社の存在、おばあちゃん、そしてクロ。
あんなにも助けてもらっていたんだ、って。
つい昨日の事のようなのに。
もう会ってお礼も言えない。

人は、通り過ぎて行く日々の中で、いつも何かに支えられ、助けられている。
たとえ、それが、その時は苦し過ぎて、辛すぎて気付かないことでも。

少し寂しかったけれど、境内の全ての社に家族でお参りをした。
クロの子供たちかな?それとも孫かな?
たくさんの猫たちが神社に住みついていた。
しばし、一昔前のあの頃に時間が戻る。
娘たちが境内で猫ちゃんを追いかけ回している姿を見ながら、心の中でお礼を言った。
一生忘れられない神社、そしてそこにいた人、クロ。

新しい神主様が私にくれたお狸様。
b0003287_13402718.jpg

また来よう。家族みんなで。。

もうひとつだけ。
日曜日、うれしいニュースが飛び込んできた。
我が職場の職員が不眠不休で取り組んできたプロジェクトだった。
このページの写真の瞬間、我が職場のほぼ全員がこの近くにいた。
私は自宅のライブ中継で歓声をあげた。

漢の四神、南の方角を司る神と言われる不死鳥「火の鳥」を表す名を命名され、
職場の同僚たちの苦労の全てをチカラに変え、不老不朽の「火の鳥」のごとく、守り神となってくれることを祈っている。

その分、職場は戦場のようでパニックだぜ!(笑)

PS
いつもコメントを書いてくださる方、初めましての方も含めて、本当にありがとうございます。
以前の過去ログに書きましたが、一日の中で一番大切なものを優先に生活しているため、レスがなかったりすることも多いのですが、きちんと全てを読んで感謝しています。
時間のある時には、ランダムにはなりますが、レスをつけさせていただきます。
ありがとうございます。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon