JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
カテゴリ:猫たち。( 7 )
|
|
2008年 10月 04日 |
5/17にユメがおかあさんになった。
1日のほとんどを赤ちゃん猫のいる産箱の中で過ごす。

おっぱいをあげ、
1匹1匹をなめてあげ、
赤ちゃんがぐっすり眠ると、少しの時間、自分の食事や排泄を済ます。
当然兄モクは相手にもされない。(笑)
2階にいる赤ちゃんの小さな小さな鳴き声も聞き逃さず、
声が聞こえたら走って飛んで行く。
そして、また横たわってお乳をあげる。

その繰り返し。

こんなこと、誰に教わるでもなく、どうしてできるんだろう。

人間じゃあ、迷い戸惑い、時にはストレスがたまって、
おかあさんの心の行き場がなくなるような気持ちにすらなる。

ユメは苦とも厭わず、ただ「それ」を繰り返した。

「おかあさんの愛情」の原点を見たような気持ちになる。
b0003287_14204574.jpg

b0003287_14211066.jpg


瞳が開きかけた頃。
b0003287_14223051.jpg

b0003287_14224738.jpg


巣箱の外の世界。
おかあさんを呼んで鳴く。
(この後ユメがみんな食わえて巣箱に戻したよ。)
b0003287_14254440.jpg

b0003287_14255917.jpg

simple(シンプル)。
日本語にすると、単純、やさしい、基本的な・・という意味であるが、
そんな単純でやさしい、けれど深く大きな愛情に包まれ、育っていく子猫たち。

「違う色の首輪つけてもらった。」
b0003287_14335584.jpg

b0003287_14344956.jpg

おかあさんからもらった温もりは、兄妹同士の温もりにも繋がっていく。
安心して子猫は遊び始める。
そこにも必ずおかあさんがいて・・・。
b0003287_14392217.jpg

b0003287_14394229.jpg

b0003287_14401163.jpg

b0003287_14403371.jpg

生後1ヶ月を迎える頃、里親になってくださると言う方を探し始める。
7/6から最後の子猫が里子に巣立った9/3まで、いや、それぞれの場所へ全ての子猫が巣立った後も、
ユメはおかあさんだった。
最後の子猫がいなくなった夜は、ずっと探して鳴いてたね。
ユメ・・泣いていたの?

子猫と同じくらいの小さな体で、子猫が自分と同じ程に大きくなっても、
おっぱいをあげ、なめてあげ、そばにいた。
いつだってそばにいた。
b0003287_1450024.jpg

b0003287_14502149.jpg

b0003287_14504350.jpg

b0003287_14581080.jpg

あの日、希(のぞたん)の命と引き換えに助けた小さな命。
そして里親探しで売れ残ったユメ。
そんなユメのおかあさんの姿を見れたことが心から幸せだと思えた。



ユメは同じ母として、私が、最も尊敬する「おかあさん」そのものだった。
b0003287_14575354.jpg

[PR]
by junmama96 | 2008-10-04 00:00 | 猫たち。 |
2008年 05月 17日 |
5月17日、明け方、ユメがお母さんになった。

「もうそろそろだよね。」
パンパンに膨らんだユメのお腹を撫でながら、家族で話していた土曜日の未明。

陣痛に苦しむユメが出産場所に選んだ場所は、娘たちの部屋に置いておいた産箱でも、
私たちの寝室に置いておいた産箱でもなく・・・、
爺の部屋の、山積みになっていた作業着(汚)の中だった。^^;

人の赤子の叫び声の様な、今まで聞いた事のない鳴き声が響き渡り、
爺は恐くなって(押し入れの壁の向こうの水道管から聞こえた様な錯覚に陥っていたらしい。←バカ)布団をかぶって寝ていたそうな。

ギャー・・・(しーん)
ギャー・・・(しーん)

何度か繰り返し、静かになったとか。

私たちは、出産する場所だと思っていた産箱から一番遠い部屋で出産が始まっていたことには全く気づかず、aiが6時頃起きて大声で叫んだ。
「ユメがおじいちゃんの部屋で赤ちゃん産んでるー!!!!!!」
家族全員が飛び起きた。
b0003287_11141677.jpg

まだユメの足元腰元は羊水や血で濡れていた。
しかし、その足元には、確実に生まれてきた新しい命。
b0003287_11162057.jpg

「おまえ、本当にお母さんになれるのかよー・・・- -;」
そんなふうにずっと声をかけてきたけれど、ユメは、たった一人で苦しさに耐え、
生まれて来た5匹の羊膜を破り、へその緒を噛み切り、びしょ濡れの体を舐めた。
ネットで猫の出産について調べた際に、「まれに母猫としての自覚がない猫や、子育てを放棄してしまう猫がいるため・・・出産に人間の手助けがないと子猫が死んでしまいます。」というのを読んで、心の準備をしていた。
が、ユメはそんな手助けをひとつも必要とせず、ちゃんとお母さんになった。
b0003287_112817.jpg

b0003287_11205358.jpg


この世に生まれてきた新しい命。

誰から何も教えられなくても、ちゃんと母としての務めを果たすユメと、
誰から何も教えられなくても、ちゃんとお乳のある場所を探す赤ちゃんたち。

「ユメだって売れ残りなのに、里親探しはどうするんだよぉ〜〜〜ToT」
そう嘆いていた私たち家族だったが、こうして新しい命の誕生を間近に見ていると、
やはり愛おしい。
心からそう思う。


赤ちゃんたちを守ろうとする。これも母の本能だ。
b0003287_11304084.jpg

そして、お乳をあげる間、ユメもウトウトする。
b0003287_11421297.jpg

疲れたね、ユメ。よく頑張ったね。

人間なら、出産も後産(胎盤)の処置も何もかも、お産婆さんや産院の医師の力を借りる。
やはり、この世で一番弱いのは人間だ・・・(笑)

b0003287_11331975.jpg

「モク兄ちゃん、あたし、ちゃんとお母さんになったよ。」

モク「・・・・・・・。」

「モク兄ちゃん・・・ゴロゴロゴロゴロ・・・」
(モク兄の顔を見たとたん安心したように喉を鳴らすユメ。)

モク「その小さな動くものはなんなんだ?何が起きたんだよ、ユメ・・・汗」

ワケのわからないモク。(^▽^;

いつもは冷静なお兄ちゃんも、そして私たち家族も、動揺の大騒ぎな一日だった。(笑)
[PR]
by junmama96 | 2008-05-17 00:00 | 猫たち。 |
2008年 03月 21日 |
たまには我が家の猫なんかを。

ユメは1年前、凍死寸前だったところを助け、今ではすっかり女の子らしくなりました。
生まれた時の栄養状態が悪かったせいか、身体は小さめ。

半年早く同じお母さんから生まれたお兄ちゃんのモクと仲良しです。

花子は今年19歳。
ログハウスに越して来てからは安心し過ぎて(?)すっかり年老いてしまいましたが、耳が遠い以外はまだまだ元気です。


ユメ。
b0003287_12175592.jpg

b0003287_12181512.jpg

ムニッ!(笑)
b0003287_12182860.jpg

b0003287_12185770.jpg


2階の杉で造り付けた手すりと本棚がお気に入りの場所、モク。
b0003287_12192850.jpg

b0003287_12205177.jpg

娘がつけたメンタームの臭いを嗅いでお決まりのこの顔!!^o^;アハハハ!!
b0003287_122145.jpg


花子。
私がパソコンを使っている時はPC脇の階段でジー・・・、私が布団に入ると布団へ。
いつもいつもいつも一緒です。
b0003287_12222952.jpg

b0003287_12232991.jpg


あれ・・・
タラっちの写真がない!
どっかでイジケて寝てしまっているらしい。
モクと取っ組み合いした後は、必ず負けて悔しくてふて寝をするタラち。
意外と可愛いところもあるんです。(笑)
[PR]
by junmama96 | 2008-03-21 00:00 | 猫たち。 |
2007年 04月 20日 |
b0003287_18573287.jpg

好きな人との別れはつらい。
慣れ親しんだものとの別れもつらい。

正月、近所の小さな子猫が凍死した。
他の子猫たちを救おうと保護した。
汚い猫達だった。
生きてくのに必死だった猫達。
体がかゆくてかゆくて、ひと時も落ち着いて寝ていられなかった。
目ヤニで目が開かなかった。
おっとう「おまえたち、ブスだなー・・・」
私「せっかくのぞたんが救ってくれた命、
きれいになったら里親探してやるからねー」

汚いうちから里親募集の掲示板書込みを職場でするも
数ヶ月食いつきなし。

薬を塗って、ノミやダニを駆除し、栄養のあるものを与え、
家族みんなの手で包んだ。

おっとう「こうなった以上、責任とって家で飼うか?」
半ばあきらめ半分だったある日、片方の猫がほしいとメールがきた。
毛並みもきれいになって、お目目パッチリで可愛くなったね。
b0003287_192560.jpg

b0003287_1924120.jpg

おまえみたいに穏やかで人なつこい猫ならきっと死ぬまで可愛がってもらえるだろーよ。(;_;)
おまえの兄ちゃんのモクも、一緒に助かったユメも寂しくなるなー
ずっとペロペロして、じゃれて、仲良しだったもん。

真冬の大雨が降った日、外の湯たんぽが入った簡易風よけダンボールが浸水して、震えながら「家に入れてほちいよー」と窓の外びしょぬれで鳴いていたおまえの顔を思い出すと母ちゃんも寂しいよ。
あの日、おっとうが「玄関に大きな柵を買って来よう!!それしかない!!このままじゃ死んでしまう!!」と言って買いに行ったんだった。
おまえ達は娘達の置いた傘の中で震えながら待っていたね。

よく生きれたね。頑張ったもんね。共に必死だったもんね。



b0003287_1961629.jpg

「ココロ・・」
「ココロ・・」
名前を呼び、なでなですると、もっと撫でてほしくてどんどん頭を上げて、
しまいには前足からジャーンプするよね。
向こうの飼い主のところへ行ってもその芸やってごらんよ。
きっと可愛がってもらえるよ。



そう自分に何度も言い聞かせている今日。・・・・(;_;)



お別れは明日。
私が決めた。

「ココロ、今よりもっとシアワセにな〜れ!」
[PR]
by junmama96 | 2007-04-20 00:00 | 猫たち。 |
2006年 11月 29日 |
b0003287_1785933.jpg

空気がキーンと張りつめるようになった晩秋の朝。
家の周りでも、木々が色づき始めている。

雨上がりの職場で、いつもいる猫たちを見かける。
冷え込む土の上でジッと鼻水を垂らしている。
b0003287_1715513.jpg


おまえたち、こんな寒いのに風邪ひいて
つらくないかい
鼻水も目やにもこんなに垂らして・・・
夜はどこで寝ているんだよ
あったかい場所あるの

えさは食堂の人たちにもらっているんだろ

かわいそうになぁ

うちの猫たちはあったかい場所があって幸せなんだけどなぁ

b0003287_17173837.jpg

かわいそう?
そんなこと誰が決めた?
俺たちはこれでも仲間がたくさんいるし、エサをもらった時はうれしいし、
けっこう土ってあったかいんだ
枯れ葉のふとんは安心するもんだぜ

すきなところへ行けるし、すきなだけ走り回れる

おまえん家の猫たちは、そんな自由にできないだろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「そっか。」


b0003287_1722108.jpg


おまえたち、幸せそうだなぁ。

でも、どうなんだろう。

んー。
多分、考えてみたら、
「幸せか、幸せじゃないか。」はきっと、それぞれの心の中にあるんだよね。

それぞれの心の中に「幸せ」はある。

あの猫たちも幸せはあるよね。
多分そうなんだよね。
[PR]
by junmama96 | 2006-11-29 00:00 | 猫たち。 |
2006年 06月 28日 |
あるところで、7匹もきょうだい子猫が生まれた。
おかん猫は7匹を大事に大事に育てておった。
ある日、運命の手が、1匹の子猫を抱き上げ、「おうちへおいで」と言った。
その子猫は、時々は、おかんやきょうだいが恋しくなるけど、
花子やタラという名前のお婆さん(笑)や、お兄ちゃんがいて、さみしくはなかった。
あんなにかゆかったノミも飼い主さまが駆除し、いつだって「かわいいなぁ、かわいいなぁ。」と撫で、その子猫はまるで王子様みたいだった。

b0003287_12123453.jpg

ある日、飼い主さまが、王子を里帰りさせた。
「おお、おい!王子が帰ってきたぞ!」
「なんだって、王子が?」
「ホントだ、王子ーー♪」
『やあ、久しぶり(外国式挨拶頬ずり)元気だった?』
「なんだよ、王子、もくって名前つけてもらったんだって?」
『うん、ぼく、もっくんもっくんって呼ばれているんだ。」
「そう言えば、体の模様も俺らよりきれいじゃないか。」
「俺たちは農耕機の下でいつも一緒に寝ているから汚れっぱなしさ、っはっはっは!(笑)」
『もらい手はまだ見つからないのかい?』
「うん、でもここでおかんとまだ一緒にいたいし・・・」
b0003287_12154248.jpg

「あらあら、まあまあ、おかんのぷりん(笑)です。もくがお世話になりまして。」
(ええ、ホントにお世話してますとも・・・)←あたし。
『おかん、飼い主さまがぼくのブロマイドを作ってくれたんだ。ぼく、かっこいいでしょう♪』
b0003287_121825100.jpg

「まぁ、本当ね!きれいにしてもらって!もくは幸せ者よ。仲良くするのよ!」
「ホントにあいつ、カッコ良くなったな・・・」
「いいなぁ〜」
『ありがとう!おかん、みんな、また来るよ!ぼくを忘れないでくれよなー』

b0003287_12221597.jpg

夢の中。
『みんなに会えて楽しかったな。ぼく、やっぱりカッコ良くなっているんだ。』

じつは・・・・

王子の、その小さな体の中には大きな条虫がいて、虫下しの薬は、まだ体が小さいために使えず、
お尻から白い動くものが(分裂した条虫の節)たくさん落ちてくる。
それを見ている飼い主さまは、気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて(笑)、夜も眠れない事を、たぶん王子は知らない。
いや、
きっと知らない。(笑)

その条虫の名前は瓜実条虫。その名前も王子は知る由もない。(笑)

おまけに、
夢の新居、ログハウスでは、毎日違ったお客さんが来るんだ。
昨日はaiちゃんが「ママ、あそこにトカゲが入って来てるよ。」って言ってた。
ママは、その夜、ゴキブリを見て悲鳴を上げてた。
前は壁にいたヤスデくんを見て悲鳴も上げてたな。
ママは台所に食べ物を落としたままにしておくと、アリンコが墨で書いたみたいな行列を作ってやって来るから、台所だけはいつも掃除しているんだよ。(笑)

ぼくは思うんだ。

きっとまたムカデくんたちも入ってくるって。
[PR]
by junmama96 | 2006-06-28 00:00 | 猫たち。 |
2006年 06月 12日 |
我が家に新入りがやってきた。(||-_-||) またかよ・・・(笑)

登校班の班長さんのお家で猫が7匹も生まれたのは知っていた。
お母さんと皆同じ模様のトラちゃん7匹!
撫でようとすると母猫が怒る。「私の子供を返して!」
「もらって行ってくれない〜?」と飼い主のお母さんが言っていた。
そりゃ、7匹も生まれたら里親探しに必死になる。
なんとなく、いつかは家に来るのかな〜・・と予感はあったのだが、断った。

土曜日の朝食後、おっとうがリビングでくつろいでいた時の事。
玄関から興奮したHaの声が聞こえた。

「ママ!おっとう!!猫もらった!!飼っていい?!すごく可愛いのっ!!」
おっとうがすかさず言う。
「なんだよー!連れてくるんじゃないよー、ダメダメ、うちでは飼えないよ!」
私はこのテのシチュエーションにメチャ弱いので、黙ってアイランドキッチンで食器を食洗機(←これ重要(笑))に入れながらやりとりを聞いていた。(笑)
Ha:「どうしても飼いたいっ!!お願い!!面倒ちゃんと見るから!!」
おっとう:「だめだっ!!これ以上増えてどうするんだよ、返して来なさい!!」
Ha:「お願い、どうしても飼いたいよ、こんなに小さいのに・・・ダメなの?」
おっとう:「返してこいって言ったら返してきなさい!!」(怒)
Ha:「はあー・・・い。。」
(ドアを開ける音)
おっとう:「・・・・・・・・。」

おっとう:「待て、Ha!」
Ha:「なに?!」
おっとう:「ちょっと・・見せてみろ。」←勝負あり、負け(笑)
b0003287_1351111.jpg

b0003287_1352268.jpg

b0003287_1353433.jpg

その後、おっとうは、
「見なきゃ良かったんだな・・・」を繰り返し・・(笑)
自ら、ノミ取り薬を病院にもらいに行き、木という字にちなんだモク=もっくんと命名したのでありました。あははは
b0003287_1373061.jpg

b0003287_1374186.jpg

おかあさんと離れて、少しぬくもり恋しい。
そうだよ、まだ一ヶ月ほどだもの。恋しいよね。
タラの時もそうだった。
でも、タラはおかあさんと離れて長く経っていた。
まぁ、とにもかくにも子供をどけてでも(笑)もっくんを抱き上げるのはおっとう。
ノックダウンです。

みんなで仲良くしようね。
b0003287_13103845.jpg

b0003287_13112924.jpg

b0003287_13114776.jpg

b0003287_1312232.jpg

b0003287_13121597.jpg

b0003287_13122476.jpg

b0003287_13123539.jpg


おっとう:「よーくこの家に来たなぁ・・お前の名前はモクだぞ。」(^-^)

##もう、こういう事態にはなりません!(宣誓)笑
[PR]
by junmama96 | 2006-06-12 00:00 | 猫たち。 |
PageTop
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon