JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
カテゴリ:旅( 15 )
|
|
2008年 11月 24日 |
11/22〜愛知県刈谷市で開催されたバドミントン全日本シニア選手権大会。
いつもおっとーの試合の応援ばかりじゃつまらないので、
試しに埼玉県予選に出てみたら、運良く(?)通ってしまった!(笑)

ペアがいないので、シングルスだけのエントリー。
結果は兵庫代表にサックリ(パイのようにw)負けまして、
結局、美味しいもの巡りとおっとーの応援。(笑)

愛知入りする前夜に、結婚した友達の家、静岡県三島市に1泊。
早朝、出発する時に見た間近の富士山。
朝日が当たって赤く染まり、美しかった。
ちょうど三島からは、宝永火山が真正面に見えるんだね。
b0003287_16352733.jpg
b0003287_16354048.jpg

そしてまた富士川サービスエリアでの富士山。
b0003287_16361824.jpg

富士山と言えば、日本一の山。
幼い頃から、父に連れられて、妹のゆーこと色々な山に登ったが、
富士山は一生登る事のない山だと思っていた。
「登らず嫌い」ともいうのか。
日本一というステータスの山にひしめき合ってまで登ろうという気持ちになれなかったこと、
富士山と言えば落石のイメージ。
山脈ではなく単体の山ゆえ、見ているだけで十分、という気持ちがあった。

本当に見ているだけだととにかく美しい。

愛知から家に戻って見てみたら、試合や愛知での写真は一枚もなく、
全部富士山の写真だった。(笑)

11/23(日)に都内に戻る予定が渋滞にハマり、帰路も富士川サービスエリアにて、
仮眠を取った。
夜明け前、おっとーと起きて、
「富士山!!」
「夜が明ける前に写真、写真!!」(笑)

SAから出るとみかん畑に辿り着く。(どれどれ味見)笑
b0003287_16374291.jpg
b0003287_16404331.jpg
b0003287_16405824.jpg

夜が明けて、朝日を浴びる富士山を撮りまくった。
早朝の富士市。きれいだね。
b0003287_164268.jpg
b0003287_1642497.jpg
b0003287_16431480.jpg

ここからの夫婦二人の行動が問題だった。(笑)
行動というより愚行、とでも言っておこう。

「きれいだなーーーー・・・」
(同じ角度から写真を撮り続けるJUNmama)

「もう少し角度変えて撮ってみる?移動するか。」


キツネが横切る山道をひたすら登り・・・
b0003287_16441095.jpg

着いたところは・・・・


( ̄ω ̄;)?
b0003287_1645441.jpg
b0003287_16461563.jpg

時は12月間近。
ここはー・・・えーっと、富士山富士宮口5合目2400m地点。

「富士山だよねぇ???」

「この先に江戸時代に大噴火した宝永火口があるから、そこまで散策してみるか!」

すぐ乗り気になるバカ夫婦。(爆)
こんな軽装で、ポーズを撮った後、登る登る!!
b0003287_1781423.jpg
b0003287_1783881.jpg
b0003287_179689.jpg
b0003287_1793429.jpg

ああ、懐かしい空気のにおい。
胸が苦しい程、山にはたくさんの思い出がある。
ずんずん登って、あっという間に宝永火口方面と、登山コースとの分岐点(6合目)に到着。
b0003287_17104980.jpg

登山コースの入り口には、
「この先の入山を固く禁ずる」と書いてコースが塞いである。

天気は快晴。

「柵に隙間があるから、入っていいんだよ。」←なんで???

禁を犯して、登山コースに入山した二人。
b0003287_1712241.jpg

・・・は、いいがキツイ〜〜〜〜〜〜!!!
b0003287_1713193.jpg

富士宮口は、一気に高度が稼げる急な登りコース。
岩場が多く、ガレ場に足を取られる。
写真を撮るつもりで、肩からぶら下げていたのだが、
空気が薄いから、息が上がっている状態でファインダーを覗くと、
「おーーーーっぷ!」(笑)
平衡感覚がヤバい。
カメラが何にピントが合っているのかよく分からない。(笑)

ふーーーーむ。
軽石のような溶岩。
これは富士山ほどの高所で、突風が吹いたら、簡単に落石が起きるよな。。
b0003287_17253424.jpg

b0003287_17135228.jpg

愚行とは言え、常に自然の動きに心と耳を傾けての、もはや本格的登山となった。

帰りに要する時間、天候が急変した時の事、日本一の山に登るにはあまりに軽装備、
てか、正気の沙汰とは思えない時期・・・
幸い、高山病にはならずに済んだので、意識を集中させた。

7合目も中頃を過ぎ、おっとーが一足先に8合目を過ぎたところで、
雪が降り始めた。
しかも叩きつけるような雪!
おっとーから携帯が鳴る。
「これ以上は無理だ!死ぬ!ここから先はアイスバーンだよ!!下山する!!」
b0003287_17151335.jpg

おっとーと落ち合うまでの間、手がかじかみ、グラグラしながら、雪の結晶を撮り続けた。
「きれいだなーーー・・・」←性懲りもなく。
b0003287_17155192.jpg

5合目の車に戻ると気温計がマイナス13度を差していた。
富士山は8合目からが本当の登山の勝負だと言われる。
いくら半分までマイカー乗り入れが出来るとは言え、その標高は4000mに近い。
8合目以降の突風と吹雪で、おっとーは恐怖すら感じたという。
私も感じた。
「これ以上、入ってはならぬ!」という山の神の声を。

富士山。
日本一の山。
そう簡単には人を寄せ付けない厳しさと高貴な美しさを感じた山だった。

もう一度、今度はきちんと山の神様のお許しを得て、富士山という山に登ってみたい。

・・・というワケで、愛知遠征が、12月間近の富士登山に変わってしまった今回の
遠征だった。(笑)

最後におまけ。
おっとー、7合目での氷柱。(爆笑)
b0003287_17244452.jpg

[PR]
by junmama96 | 2008-11-24 00:00 | |
2008年 10月 27日 |
職場の設立記念日でお休みだった月曜日、
おっとーと二人で下町、谷中へお散歩。

秋も深まりつつある都内の下町に到着後、まずは、谷中霊園へ。
谷中霊園と言えば、15代将軍徳川慶喜の墓所で有名だが、
噂を聞きつつ、びっくりしたのが、谷中猫(野良猫)の数の多さ!!
b0003287_165789.jpg

人の墓石を何だと思ってる?!と言いたくなる程、気持ち良さそうに寝ている猫たち。
↓「ん?」(笑)
b0003287_17111654.jpg

b0003287_16571895.jpg
b0003287_1658493.jpg
b0003287_16583390.jpg


桜の名所でもある場所。
訪れる人も、たくさんの猫や色づいた桜の葉に癒されることだろう。
b0003287_165942100.jpg
b0003287_16595554.jpg

「谷中銀座」
夕焼けだんだんという階段が有名で、その階段の上にたくさんの谷中猫がいた。
家猫でも野良猫でも、こうしてもらうと気持ちいいんだね。^^
b0003287_1702427.jpg
b0003287_1714981.jpg
b0003287_172189.jpg
b0003287_1721549.jpg


ここのお豆腐屋さんのお豆腐、湯葉、季節のがんも、お惣菜はとっても美味しかったよ。
b0003287_1725295.jpg
b0003287_17544.jpg

猫を目当てに来る観光客と、普段の生活をしている人が入り交じって、何となくあったかい雰囲気。
b0003287_1761098.jpg

お煎餅、買ってみる。
b0003287_1763516.jpg

老舗の佃煮屋さん、少し高かったけれど美味しかった!
b0003287_1771082.jpg


・・・・と突如、夕焼けから一転、雷が鳴り、雨が降り始めた。
天気予報では、強い寒気が入り込んで大気の状態が不安定だとか。
この辺で買ったお惣菜を肴に、ちょいと酒屋さんの軒下を借りて雨宿り(?)笑
b0003287_178096.jpg
b0003287_1781686.jpg

雨は、あれよあれよと、夏のゲリラ雷雨のような激しさに。
b0003287_1784797.jpg
b0003287_179125.jpg


すごい雷雨だったなぁ。
秋が深まり、やがて冬が近づく知らせのような天気だった。

たまには、こんなお散歩もいいかもね。
楽しかった♪
[PR]
by junmama96 | 2008-10-27 00:00 | |
2008年 08月 15日 |
夏休み。
いつもの山で、いつものように。
何にもない贅沢を味わう。
今年はたった1泊だったけれど。

群馬ロックハート城にて。
b0003287_1547470.jpg

b0003287_15473955.jpg

b0003287_15475662.jpg


宿の晩ごはんに間に合うように寄り道。(笑)
b0003287_1548237.jpg

変わらぬ場所。
b0003287_15492433.jpg

天の川と夏の大三角形。
b0003287_1550538.jpg

天の川とペルセウス流星群。(右上の流星、わかるかな。)
b0003287_15505060.jpg

この道、何年連続で通ったろうか。
本当になぁんにも変わらない。
b0003287_15515041.jpg

清流にて、宿の暴れん坊犬マリコと。
b0003287_15545319.jpg

b0003287_1555438.jpg

b0003287_15555961.jpg

b0003287_15561789.jpg

b0003287_15564577.jpg

たいしょうのアスパラでご存知、たいしょうのお宅を襲撃!(笑)
どこまでも広がる畑と青い空。
残念ながらたいしょうにはお会いできなかったが、笑顔で迎えてくださった奥様に感謝。
古民家を改築した黄色のお家は青い空にものすごく似合っていた。
b0003287_1557569.jpg

b0003287_1612032.jpg

b0003287_1614331.jpg

b0003287_162213.jpg

短かった滞在、お別れの時間を知らせる空。
b0003287_1622153.jpg

「また来年!」
帰路に着く前に山の歌。

むすめさん〜よく聞けよ♪
山男にゃ惚れるなよ〜♪

b0003287_16322100.jpg

[PR]
by junmama96 | 2008-08-15 00:00 | |
2008年 02月 17日 |
2月は毎年私にとっての鬼門の月。↓↓・・・
忙しくて、朝起きるのがつらい。
爺との朝ごはんバトルに最近は黒星!★★
しばらく朝ごはん日記には登場できなさそうかな?

そんな中、職場の旅行で、初めて冬の部に参加してきた。
「トンネルを抜けると・・・」そこは雪国だった。(笑)

チェーンを装着している間に、ドッカリと積もった雪を初めて見たaiは、
もぐもぐ食べる食べる!(笑)
「かき氷のシロップかけて食べたいなー^^」
b0003287_16472929.jpg

「大雪」だった予報がハズレたのかな?
わぁ!きれいな青空ー!!
b0003287_16482210.jpg

b0003287_16484686.jpg


・・・・と思ったら、

読みが甘かった。(ノД`)゜

ゲレンデに出たとたん、大雪!
降っても降ってもまだ降り止まぬ・・・
しかし、娘たちは大ハシャギ!
初めて見る大雪に、早速空を向いて口を開け、
雪を食べる儀式を。(笑)
私もなんだかんだと雪国育ち。
つい、うれしくなって真似してみた。
b0003287_16592134.jpg

b0003287_1711668.jpg

b0003287_171341.jpg

b0003287_172291.jpg

仕事疲れの出たおっとうと、テンションMAXの娘たちを宿に置き去りにして、
母は大雪の山へ鉄砲持って・・いや、板を担いでガチンコナイター!
初めての一眼レフをバックパックに詰めたものの、大雪の夜に撮影する勇気がありませんでしたので、
写真は割愛させていただきます。
ゲレンデのホテルのてっぺんからライトダウンされ、キラキラと煌めく雪たち。
懐かしい冬の音楽。
何年ぶりだろう。
大学の時以来だよね、こんな白銀の世界。
フカフカの雪の上で、昔に戻って転げ回った(笑)ナイター。


次の日も吹雪!
初めて経験したばかりの娘たちを連れ、山の上のおしるこを食べに。
ここのおしるこはかなり有名らしい。
b0003287_171253100.jpg

冷えきった体に、
「ホワーーーーーッ、うんめーーーーーッ!!」(笑)
b0003287_17135410.jpg

午後の部も完全武装して滑らないと凍死したかも。
まず、山の上から降りてくるまでにボーゲンすらまともにできない娘を連れてきて、
どれだけ後悔したかは言うに及ばず・・・(笑)
いくら私が過去に指導級を持っていたとて、
「そんなの関係ねぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

ゲレンデにはこのテロリスト親子のように、アル○イダ・ファッションと名付けた格好をした人であふれ返っていた。(爆)
b0003287_17173943.jpg

b0003287_17183363.jpg

b0003287_17185551.jpg

ずいぶんとボーゲンが安定してきたHa。
私の指導力の効果か?
本人の才能か?
aiも何とかハの字で緩斜面を降りられるようにまでなってくれた。
b0003287_17205281.jpg

「ママ見ててね!行くよー♪」
b0003287_17211113.jpg

ズリズリズリズリ・・・・
b0003287_1722524.jpg

ズーリズリズリズリズリズリズリ・・・・
b0003287_17223927.jpg


ナイターが灯り始める。
相変わらず、空から舞い降りて来る粉雪。
キラキラ光ってきれいだね。
b0003287_17242073.jpg

b0003287_17245462.jpg

b0003287_17251528.jpg

顔が見えない・・・(笑)
b0003287_17253761.jpg

あっという間だった1泊、夢のような雪の世界。
帰る直前に、ほんの一瞬だけ雪がやんで、ナイターの夜景を覗かせてくれた。
b0003287_17302018.jpg

帰り道は猛吹雪。
途中でこんなの見つけたよ。
誰が作ったんだろうね。
いいよね、こういうの・・・^^*
b0003287_17321743.jpg

b0003287_17323268.jpg

b0003287_17324831.jpg


楽しかった。
また来たいな。

雪の冷たさは、心を凛とさせてくれる。
それなのに温かい。
[PR]
by junmama96 | 2008-02-17 00:00 | |
2006年 09月 18日 |
おっとうの全日本への挑戦が終わった。
結果は「所詮(もとい・笑)初戦敗退」
本当に頑張った末の敗退・・・。
惜しいやら悔しいやら・・・とにかく拍手っ!(笑)

各県の強豪が集まった全日本社会人大会。
観客席に座り、大会が始まる時、懐かしい空気を感じた。
全日本・・・背中に県を背負い、普段の大会とは違う雰囲気、熱気。
自分もいつも闘ってきた舞台、いつも目指してきた舞台。
観客席からそのおっとうの闘いを見てきた。
b0003287_21305289.jpg

b0003287_21322735.jpg

b0003287_21324549.jpg

b0003287_21331029.jpg

b0003287_2134593.jpg

↓敗者審判。
b0003287_21343457.jpg


加賀の国は、小京都と言われるだけあって、きれいな町並みだった。
ところが!
大会初日は雨。
しかも、おっとうの宿予約し忘れで、観戦が終わって真っ暗になってからの痛恨の宿探し。
びしょ濡れになりながら重い荷物を背負って歩くも3連休のなか日。
空室なんてあるわけあるめー!!
2、30件のビジネスホテルを回り歩き、断られ・・呆然とANAホテルやら日航ホテルを見上げて歩いた。
「スイートな旅行にしようね、なんて言っていたのに、とんでもねーぜ・・」とイヤミのひとつでも言いたくなる気持ちを押さえ(笑)やっと見つけた路地裏の「旅館」。
これが旅館か?というほどの宿だったが、熱い番茶を出してくれたり、おばあちゃんが優しく、野宿を覚悟しかかっていた私たちにとっては涙が出るほど温かい宿だった。
どうよ?このお風呂(笑)、宿の窓から見る金沢中心街。
b0003287_21474726.jpg

天気も回復したところで、加賀百万国の町並みをおっとうと二人歩く。
「ひがし茶屋街」の突き当り、春乃家の一階の小さなカウンターで絶品のお寿司に舌鼓を打つ!魚は故郷新潟でも食べなれているが、金沢も素晴らしい!
本当にこじんまりときれいな町だった。
b0003287_21524290.jpg

b0003287_2153759.jpg

b0003287_2153325.jpg

金沢城内。
本丸があって天守閣に登れると思っていたのは私だけだった・・・(笑)
二の丸から見る加賀の風景。
前田のまつも眺めた風景か。
b0003287_2154322.jpg

b0003287_21572826.jpg

兼六園と金沢城の前の路地3軒目の茶店の焼き林檎は絶品!
b0003287_225890.jpg

そして前田の藩主たちが眠る野田山へ。
b0003287_2264010.jpg

最後の〆は、有名な「魚半」という加賀料理の料亭で。
値段の割に安くコースがいただけて美味しかった。
まぁ、前夜の赤ちょうちん「のんき屋」の料理の方が気楽で美味しかったかな。(笑)
b0003287_22121640.jpg


またアルバム調になってしまったが、金沢、また行ってみたいと思う町だった。
ありがとう。
[PR]
by junmama96 | 2006-09-18 00:00 | |
2006年 08月 21日 |
さぁ、やって参りました。
コマーシャル続編はまた後日として(笑)、夏のアルバム、バシバシ貼るだけ「海編」です。

毎年帰省すると必ずコノ海の家でお世話になる「ラ・マーレ」
フランス語で「海」だったかな。
b0003287_14431395.jpg

ご主人、先月ガンの手術したばかりだってのに、元気元気!
沖で猛スピードで水上バイクかっ飛ばす!

佐渡島もくっきり見え、晴天に恵まれた今年の山と海。

「さぁ、泳ぐぜ!!」(おい、カッコつけんでええわ・・・笑)
b0003287_14441059.jpg

まず、海水の温度を入念に足でチェックして、遊泳可能かチェックするai。(笑)
後ろ姿がまだまだ小さい・・・
b0003287_14452364.jpg

さて、軽くテトラポットまで。
意外と遠いのね〜「ボク、ヤバイかも〜」(笑)
カモメに笑われているおっとう。でもこの男!ヤジには強い!(笑)
b0003287_14463391.jpg


毎年恒例のスローイングトリプルアクセル(←回転してねーじゃねーか。)
要は放り投げ大会!!

ai:高さ点10、飛型点9、総合19(笑)
b0003287_1448346.jpg

ren:高さ5、飛型点7、総合12
b0003287_14485039.jpg

ren:高さ5、飛型点5、プラスユーモア飛型により3点、総合13
b0003287_1513362.jpg


「Ha!!それで本当にスケートでジャンプしてたんか?!重いぞ!!」(笑)
(しかし、手先指先はあくまでも美しいのである。)
Ha:高さ3、飛型点5、プラス指先の美しさにより3点、総合11
b0003287_14503486.jpg

スケートのペア(?)がダメなら、海上プロレスだ!!
b0003287_145116.jpg

ゆーこも頑張る。
「ほぅ〜れーーーーっ!!!」(気合いっ)
b0003287_14525693.jpg


あははははー
b0003287_1454479.jpg

b0003287_14563643.jpg

海辺のマダム(もどき)ハハ、焼きそばを買う。
b0003287_14551769.jpg


夕暮れの海。
帰省の間、毎日毎日、こんなことしてた夏休み。
b0003287_152152.jpg

b0003287_1522328.jpg

b0003287_1582357.jpg

[PR]
by junmama96 | 2006-08-21 00:00 | |
2006年 08月 18日 |
Ha、登山に初挑戦。

私が初めて山に登ったのは、父に連れられて長野の白馬連峰、小蓮華岳だった。
登っても登っても同じ景色、苦しくても常に一定のリズムで歩み続ける。
眼前に突然開ける雲上の世界を見た瞬間の感動は忘れられない。
あの瞬間のために歩み続ける。

Haがスケートでつまづいた時に、いつもその過程を「山」にたとえて話していた。

この山の稜線を見てごらん。
一番上に登るために、ずっと上がっていくだけに見える?
下がるところもあるね。
Haは今ここにいる。
歩みを続けていれば、必ずここにたどり着く。

その山登りを初めて体験した。

登った山は、まさにそのたとえ話の通り、9合目に「ニセ巻機山」という頂上間際から、一気に下り、10合目頂上に向けて登り直さなければならない山だった。

Haは私の予想を見事に裏切って、登りきった!
本当にびっくりした。

下りから少々脱水気味になり、途中おっとうに担がれたところもあったようだが、元気に降りてきた。

この経験は、Haにとってものすごく大きな宝物になるだろう。
そして、これからの彼女の支えになるだろう。

b0003287_19264378.jpg

b0003287_19272532.jpg

b0003287_19274536.jpg

b0003287_1928728.jpg

b0003287_19282218.jpg

b0003287_19283472.jpg

b0003287_19285794.jpg


以上おっとうのデジカメから。

追伸‥ひろたかくん、ありがとう。(^-^)
[PR]
by junmama96 | 2006-08-18 00:00 | |
2006年 08月 15日 |
一挙貼付け!(笑)
毎年恒例の山の旅のアルバム。
b0003287_2104222.jpg

途中寄り道して立ち寄った谷川岳一の倉沢!
年間の遭難者が世界でも1、2を争う山。
そう簡単には人を寄せつけない、という自然の威力が伝わってくるような空気を感じる。
b0003287_2144533.jpg

マイナスイオン大放出中!!
b0003287_2152234.jpg

駅の通りでツバメの巣を発見。
2羽の子ツバメがいて、餌を見つけた母ツバメは見事に2羽平等に(笑)交互に口に運んであげていた。
b0003287_218759.jpg

また今年もこの場所にやってきた。
b0003287_2183955.jpg

b0003287_2185386.jpg

「ヤッホーーーーーーッ!!」
声が何度もこだまする。
b0003287_2194887.jpg

川に降りてみる。
皆笑顔、顔が緩んでくる。
心も緩んでくる。
b0003287_21105681.jpg

毎年変わらぬ山菜だけの晩ごはん、これがうんまいんだ。
b0003287_21114755.jpg

次の早朝、山の頂を目指す大人たちに混じってHaも挑戦。
膝を悪くして、ずっと運動ができなかったから大丈夫なのかな。
b0003287_21131624.jpg

朝靄の中、歩きはじめる。
「いってらっしゃい、気をつけて。」
「ママー、いってきまーす!!」

・・・(山の途中経過の模様は後日おっとうのデジカメからアップ)・・・
b0003287_21141699.jpg

さぁ、今日も良い天気になりそうだなぁ。
何をして過ごそう?
b0003287_2115679.jpg

てなワケで、何故か客なのに、布団干しのお手伝い。(笑)
なんで?(笑)
宿中の布団を居残り組で出して干して、出して干して。
b0003287_21155890.jpg

豪快な光景である。これだけで汗だく!
b0003287_21232737.jpg

そして、昼が過ぎ、
ヒグラシが鳴く頃、宿は晩ごはんの支度を始める。
b0003287_21245420.jpg

予想を大きく裏切り(笑)1967mの頂を踏んだHaとおっとうが戻ってきた。
恐るべし、子供の体力!
b0003287_21255546.jpg

b0003287_212614100.jpg

晩ごはん前の素朴な運動。
b0003287_21274745.jpg

最後の夜は、キャンプファイヤーと片手に「八海山」(←酒)、そして山の歌。
燃える火や星を眺めながら、夜は更けていく。
b0003287_2129598.jpg

b0003287_21311531.jpg

b0003287_2133511.jpg

帰る日の朝。
川で石投げ。
何もなくたっていい。
何もなくても幸せだという贅沢。
b0003287_21334653.jpg

b0003287_2134272.jpg

山のハイジたち。(笑)
b0003287_2135767.jpg

日本で一番美味しいお米の産地と、Haが生まれて初めて登った山。
来年もまた1つ大きくなってここへ来るからね!
[PR]
by junmama96 | 2006-08-15 00:00 | |
2006年 08月 06日 |
今日、早朝より夏休み、毎年恒例の「山の旅」に出かけてきます。
去年はaiが大けがをしてしまいましたが、今年は自然と共に、
再び「何もないこと」の贅沢を味わってきたいと思います。
こちらに戻ってくるのは、世間がお盆休みに入る直前の12日になるかな。

ひーさんが帰国する頃になりますね。(笑)

いってきまーす!!

b0003287_0385746.jpg

b0003287_039128.jpg

b0003287_0392244.jpg

b0003287_0393374.jpg

[PR]
by junmama96 | 2006-08-06 00:00 | |
2006年 03月 21日 |
娘二人をおっとうのおじいちゃんに預けて、母出張。
大宮駅から長野新幹線で長野へ。
長野からバスに乗り、一時間と少し。

いつもは、やかましい(笑)娘を連れての電車。
「少しじっとしててよーっ!(- -メ」
と怒ることもなく、静かな一人旅となった。

寂しかった訳でもなく、かえって気楽だった。
しかし、携帯から娘の携帯に写メールを送り続けた。
b0003287_2133119.jpg

「えきべん、おいしいよ!」

b0003287_2133436.jpg

「しんかんせん、大宮を出発したよ!」

b0003287_2135621.jpg

「ながのは雪がいっぱいだよ。今ママはバスに乗っているよ。」

b0003287_21354842.jpg

「かいぎが終わって、ママはホテルのロビーでコーヒーをのんでいるよ。」

b0003287_21363130.jpg

「ふぶきで何も見えないよ〜」

長野、白馬。
上司たちのカンファレンスのサポートで来たこの地には、
実は、私には、特別な思い出がある。
中学の頃から何度となく父に連れられて妹のゆーこと登った白馬。
体育大学で靭帯を切断し、部活が苦しくなった時も一人でこの地に
訳もなく旅しに来た。
頂を踏んだあの時の記憶が甦り、胸が苦しくなった。
私の心の故郷、この白馬。

いつもそうだ。
白馬岳は私に外からその姿を容易に見せてくれない。
ずっと待っても、白雲に隠れたきり。
b0003287_2150589.jpg

五竜はこんなに美しく見えるのに。
b0003287_21514058.jpg

そして、小蓮華岳。
あそこから左へ白馬の頂を目指して、何度も何度も歩いた。
その向こうに白馬大池が、今、深い深い雪に覆われているんだろう。
b0003287_2153828.jpg


吹雪の窓の向こうを眺めながら、とった朝食。
「あなた、昨日もカメラでずっと山を撮っていたわね。写真、好きなの?」
「・・ええ、山が好きで。」
「夜もラウンジから一人で外を眺めていたじゃない。様になってたわよ!(笑)」
「そうですか・・・(笑)」
b0003287_21544771.jpg


いつか、父に導いてここに連れてこられたように、
私もaiとHaを連れて、白馬に登ろう。
そうだ、きっとその日のために、白馬は私にその姿を見せてくれないんだろう。
『きっとまた登りにおいで』
白馬岳がそう言っている気がした。

猛吹雪だった2日目。
人を寄せつけない厳しく大きな自然。
人を全て包み込む壮大で温かく大きな自然。
山には稜線がある。
登っている時は尾根になるのだが、ひとつの頂を目指す時でも、
上がりばかりではない。
上を目指す為に、大きく下がらなければならない時もある。
それでも上を目指して、歩いていかなければならない。
その稜線が好きだ。

帰りの新幹線。
大切な家族のことを考えながら、一緒にあの頂を踏む夢を見ながら、
仕事を終え、母に戻った。

私信>風子ちゃん、ごめん。
帰路、ずっとボスその他と一緒で全く連絡ができなかった。
会いたかったな。
もうすぐ引越すから、その時に夕日が当たる土に、「あの花」を植えにきてくれる?
[PR]
by junmama96 | 2006-03-21 00:00 | |
PageTop
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon