JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
カテゴリ:スポーツ( 15 )
|
|
2008年 10月 05日 |
子供が頑張っているなら、大人も頑張らなくてはいけない!

大人は、
子供の前でいつだって全力投球しなきゃいけない。
そして笑顔でいなきゃいけない!!^^

父兄も、先生も、みんな一緒になって、本気になって、笑った1日。
b0003287_18291399.jpg
b0003287_18293146.jpg

b0003287_10501724.jpg

↓この先生・・おっとうの中学3年の時の担任の先生。(笑)
b0003287_1829429.jpg
b0003287_18303733.jpg
b0003287_18304857.jpg
b0003287_18305861.jpg
b0003287_18311719.jpg
b0003287_18312637.jpg
b0003287_18313649.jpg
b0003287_18314793.jpg
b0003287_18315771.jpg
b0003287_1832749.jpg
b0003287_18321776.jpg
b0003287_18322543.jpg
b0003287_18323599.jpg
b0003287_18324690.jpg
b0003287_18325835.jpg


大人だからこそ、格好悪くたって何だって、本気にならなきゃいけない。
[PR]
by junmama96 | 2008-10-05 00:00 | スポーツ |
2008年 04月 21日 |
「いつも、何度でも」の曲に乗って。
b0003287_12412055.jpg

b0003287_12413011.jpg

b0003287_12414213.jpg

b0003287_12415464.jpg

b0003287_1242463.jpg

b0003287_12422285.jpg

b0003287_1242333.jpg

b0003287_12424498.jpg

b0003287_12425839.jpg

b0003287_12431179.jpg

b0003287_12432293.jpg

b0003287_12433532.jpg

b0003287_12434779.jpg

b0003287_12435950.jpg

b0003287_12441068.jpg

b0003287_12442676.jpg

b0003287_1244393.jpg

b0003287_12445319.jpg

b0003287_1245622.jpg

[PR]
by junmama96 | 2008-04-21 00:00 | スポーツ |
2008年 04月 10日 |
頭イデーーーーーーーーーー・・・・(`曲´;;

頭痛でブッつぶれますた。

もともとこんな根気のいる作業は好きじゃねーんだ!!!(笑)

Haのスケートのリハーサルで、衣装の仮合わせをしてなかったのは私だけ。
「ちょっと待っててねー!!最高の衣装作ってあげるからねー!!」
とHaに説得力のない説得をしながら、やっとここまで漕ぎつけた。

日曜日、リハに顔を出して、先生にダメ出しされたら、既製品(5〜10マン円)買うしかないかな・・と半分覚悟しつつ、反論の言葉も考えて(笑)、先生に見せたところナント!!

絶賛!!ぇ(OДO

千と千尋の神隠し「いつも何度でも」の曲にピッタリだと褒めてもらえた。

ホッ・・・←マジ安堵。。

水の流れのようにしなやかに踊ってくれるHaを思い浮かべながら、ひとつひとつ気の遠くなるようなスパン付けをして良かった。
多分、子育ての最中の一生の思い出になるんだろう。
b0003287_0375054.jpg

b0003287_0383739.jpg

b0003287_039858.jpg

Haやaiにいつも伝えている。
「ひとつのことを成そうと思ったら、楽しい時より苦しくて楽しくない時の方が多いよ。
たったひとときの喜びのために、この苦しい時を乗り越えて行くんだよ。」と。
b0003287_0415750.jpg


その為に、母は頭痛も何のその!!・・・ってか?!(笑)

いやいや・・、それに加えて新学期の雑巾提出〜?!ドテーーーー↓↓
面倒くさいので、薬局で「学校雑巾」(笑)を買ってきた。
しかし、どうしても、
「これでいいのか?????」という良心の呵責が私を襲う。←大げさ

で、

名前だけ刺繍してやるつもりがコレだよ、おっかさん!!
もう嫌だ>自分。(笑)
b0003287_046363.jpg



頭痛がひどくなってまいりましたので、これにて、おやすみなさい。(笑)
[PR]
by junmama96 | 2008-04-10 00:00 | スポーツ |
2008年 03月 28日 |
何の縁が続いているのか。

またHaが復帰したフィギュアスケートのコスチュームの衣装作り(スパン飾り付け)をしなければならない。

去年、県大会で優勝した時にも、寝不足続きで衣装のスパンコール付けをした。
b0003287_18235378.jpg

まだ製作途中だった携帯画像だが、機械的につけることができないスパンコールをビーズと一緒に一つ一つ丁寧に縫い付けたもんだった。

関東選手権の後、膝蓋骨剥離骨折と診断され、もう2度と足を踏み入れる事がないと思っていたスケートの世界にHaの強い希望で復帰した。
リハビリの時期を経て、去年優勝した大会で、上のクラスの部に出場することが決まった。
毎日一人、電車で通うリンク。
罵声とも取れる先生からの指導。
怪我。
何度もやめてしまいたい気持ちをこらえ、涙を流して来たHa。

そのHaに、先生が選んだ曲は、
映画「千と千尋の神隠し」の主題曲「いつも何度でも」のピアノバージョン。
終始スローテンポで意味の深いこの曲を踊りきるには、正確な基礎、軸の取れたバランス、ジャンプの成功が求められるはずだ。
そこで先生はあえて難しいジャンプであるアクセルジャンプを2回、2回転のサルコウをプログラムに組み込んだ。
「壁にぶつかっても、いつも何度でも、滑れること、踊れることの幸せを感じていてね。」と先生が言ったそうだ。
その分、親が破滅すr・・・(笑)

仕方がない。
Haがこのプログラムに、踊れることの喜びを表現できるように。
様々な壁を乗り越えてここまで来たことを笑顔で表現できるように。
母はまた夜なべをして、飾り付けをするよ。

千尋(千)が迷い込んだ世界、そこで必死に頑張って得た大切なもの。
海がいつも背景にあった。

衣装の色は深い青を選んだ。
b0003287_18431585.jpg

問題はどんなスパンの模様にするかだ。
イメージとしては水の中の泡のような・・・美しいガラスの破片のような印象。
b0003287_18443783.jpg

衣装を眺めながら、ずっと考えている。

針を持ち始めたら、きっと一心不乱になるだろう。
寝不足は必至。

Haの為に。
[PR]
by junmama96 | 2008-03-28 00:00 | スポーツ |
2006年 09月 15日 |
これから(すぐに)、石川県金沢へ出かけます。

おっとうのバドミントン全日本社会人大会です。
(私は前田家ゆかりの町散策。笑)

30歳を越えたおっとうの人生最大の挑戦かもしれません。
20代は手術の失敗から、腸閉塞が持病となり、体力の全盛期を棒に振り、
良くなったと思ったら、交通事故に遭い、右膝下から骨がバラバラに飛び出した「開放性複雑骨折」。
そこから這い上がり、試合に出るものの、自分では納得のいかない試合が続き、
見ていた私(←体育大学出身)が思いきって、自分を限界以上に追い込むトレーニングを提案しました。

調整というにはあまりに少ない時間で、賭けのようなトレーニングを敢行しました。
b0003287_17365031.jpg

b0003287_1737991.jpg

b0003287_17372898.jpg

ある時は脱水症状を起こし、嘔吐したり、倒れ込んだり、
フットワークを繰り返し、自分を追い込みました。
決して自分から逃げるな、とゲキを飛ばし続けました。
ある時は悩み、体が動かなくなったり、それでも羽を打ち続けました。

金沢では、それを通過点として捉え、しっかりとおっとうの挑戦を見てこようと思っています。

書き込みして下さる方、レスは帰ってからじっくりさせていただきます。

行ってきます!!
[PR]
by junmama96 | 2006-09-15 00:00 | スポーツ |
2006年 08月 22日 |
早実初V!斎藤、決勝再試合も完投!球史に残る948球
b0003287_2320348.jpg


 (第88回全国高校野球選手権大会、第16日、決勝、駒大苫小牧3−4早実、21日、甲子園)球史に残る真夏の激闘に、ついにピリオドが打たれた。37年ぶり2度目の決勝再試合となった早実(西東京)と駒大苫小牧(南北海道)との決戦は、早実が4−3で創部102年目にして悲願の初優勝を飾った。4連投の斎藤佑樹投手(3年)は6安打3失点、無四球13奪三振で完投勝利。クールな都会派エースは甲子園で驚異的とも言える計948球を投げ込み、新たな歴史の扉をこじ開けた。

アイドル並に大騒ぎされているハンカチ王子(笑)こと斎藤佑樹投手と駒苫のエース田中投手の決勝を見て、ホントーーーーーーーーーーーーーに大きな感動をもらった。

それと同時に、遠ーーーーーーーーーーーーい青空の下、白球(テニス)を追いかけていた青春時代を思い出させてもらった気がした。
テレビの解説者が言っていた。
「最大の敵(ライバル)は最高の友であり、宝である。」と。

中学時代、かなり強かった(自分で言う)私は、高校に入り、初めて歯が立たない相手に出会った。
対校試合に出向いたのだが、早々に試合前の練習で倒れてしまった。
ウォーミングアップというにはあまりにも、早くにMAXに持って行く辛い練習だった。
その過酷な練習を軽々こなし、私に一セットも取らせてくれなかった相手。
天狗だった当時の私は、脳天に落雷があったような衝撃だった。
その次の日から、高校の最後となる試合の日まで、その人を倒す事だけが自分の目標となった。
炎天下、繰り返し、繰り返し、誰もいないコートで、どんな逆境でも順境に変える打球を打ち続けた。
いつも頭の中心にはその人の優勝している姿があった。
いつか絶対にその人に勝つんだと。
繰り返すことしか術はなかった。

その相手に高校生活で最後となる総体の準決勝で当たり、ナイターの灯りはじめる夕暮れ、今でもはっきりと覚えている。勝った瞬間のことを。
苦しい試合だった。
リードしていてもすぐに追い付かれる。
食らい付いてもすぐに離される。
ラリーの内容はほとんど覚えていない。
最後のショットが決まった瞬間、周りの応援や歓声全てが聞こえなくなり、ペアの子が両手を広げて走ってくる姿しか見えなくなった。
最高の瞬間だったと同時に、それまで繰り返してきた苦しい日々が最高の日々に変わった。

高校生、斎藤佑樹。
ポーカーフェイスでクールと言われているが、クールなはずがない。
「投手がマウンドで感情を出して、何かいいことでもあるのかい?」
そう言われて彼は変わったと言う。

勝負は、ある程度のところまで「気力」で押せる。
しかし、最後に支えとなるものは、「体力」しかない。
もちろん、団体競技、個人競技で多少の違いはあるが、
体力が切れはじめると、色々な勝敗の鍵を握るものが切れてくる。
クールではいられなくなる。
気迫や精神力もついてこなくなる。
私も試合をしていて苦しい時、相手も苦しそうな、または悔しそうな顔をしているのを見ただけで「これはイケる!」とモチベーションを立て直せたりする。
反対に、気迫だけは十分なのに、「体力」がついてこずに負けてしまった事も何度もある。

斎藤佑樹が最後までクールでいられたのは、それを上回る肉体的、精神的な「体力」があったからだと思う。
そこにたどり着くまでの苦しく逃げ出そうと思えば逃げ出せた日々から、逃げずにやってきた結果だったのだと思う。

思えば私も、スポーツから大切なこと、全てを学んできた。
苦しい練習、逃げないこと、
勝つ強さ、
負けを受け入れる強さ、
礼儀正しさ、
挨拶、
仲間を大切にする心、

斎藤佑樹と田中将大、二人の勝負を見ていて、最後のバッターが田中将大だったこと、勝負球が直球だったこと、それを田中がフルスイングしたこと、全てが最大の敵であり、最高の友、運命だったような気がしてならない。

本当に、最後の最後まで素晴らしい闘いを見せてもらった。
心からありがとうと言いたい。


追記になるが・・・・
優勝で少々浮かれ気味の早実の選手たちの中で、優勝盾を持ち、直立し、最後までまっすぐ前を向いていた斎藤佑樹。
インタビューでも丁寧な言葉で、しっかりと「チームメイト、監督、家族」への感謝の気持ちを伝えた姿が印象的だった。
早実・斎藤、家族の支えでつかんだV!最高の恩返し
 全国高校野球選手権大会で早実(西東京)初優勝の原動力となったエース、斎藤佑樹投手(18)。その“快腕”を支えたのは家族の力だった。小学校時代、父親とのキャッチボールで投手としての土台を築き、早実に進学してからは同居する兄が炊事や洗濯などをサポート。そして、母は息子たちの2人暮らしを気遣って毎週末に上京し激励し続けた。斎藤は家族の思いに、全国制覇という最高の親孝行で応えた。

スポーツの厳しさに対し、心から真摯な気持ちで向き合ってきたんだと、そんな姿にも心を打たれた。

改めて、優勝おめでとう!!
そして、田中投手も準優勝おめでとう!!
[PR]
by junmama96 | 2006-08-22 00:00 | スポーツ |
2006年 07月 03日 |
とある梅の木によじ上り、梅泥棒(笑)
もうかなり黄熟していたので、青いのだけを選り分けて梅酒に。
黄熟が進んでいるものは梅シロップを作った。

真夜中の作業。←なんで?(笑)
いやいや、共犯者が皆梅酒好きで楽しみにしているもんだから、
腐らせたら大変ごと!(笑)
b0003287_985295.jpg

大きい瓶には、黒酢と一緒に漬け込んだ梅シロップ。
小さい瓶2つには、ノーマルな梅酒を。
すぐになんて変わらないのに、見ていて「早く飲みたいなぁ・・」と覗き込んでしまう。

b0003287_910427.jpg

夜中の作業はキッチン上のスポットライトだけ。

きれいだなぁ・・・
氷砂糖がライトに当たって透明に光ってる。
本物の氷みたいだ。

氷の中の青梅は、まるでスポットライトを浴びた主役のように、リカーの中で
ゆらりゆらり・・・
とてもきれいだった。

Haもそうであれたらなぁ。
ふと思った。
日々の練習、氷の上で転倒を繰り返し、ついには「膝蓋骨剥離骨折」
長期の休養を必要とする事態に先生は思いのほか冷静だった。
「今月の部費どうしますか?回復して一日でも出ることになると、一日でも全額かかりますけど。」

Haのスケートをしている姿を見るのが好きだった。
滑り終えた時の笑顔が大好きだった。

Haのスケートをやめさせる決心が85%かたまった。
後は氷の上のHaの笑顔を忘れるだけ。ピンと張りつめたあの空気を忘れるだけ。

3歳からずっと苦しくても我慢してやってきたね。
きっとHaの気持ちを聞いたら、絶対やめたくない、って言うよね。
オリンピックチャンピオンになるのが夢だってずっと言ってたもんね。
Ha、ごめん。。

いろいろ思いながら見つめた真夜中の梅の実。
スポットライト、浴びたかっただろうな・・・

4日、先生に直に会って話してくる約束をしている。
それで終われるのか・・・
リカーの中の梅のように、私の心はまだ揺れている。
[PR]
by junmama96 | 2006-07-03 00:00 | スポーツ |
2005年 06月 06日 |
2005/6/5(日)

b0003287_22495133.jpg

Haの金メダルに引き続き、母JUNmama、予告どおり(?)初金メダルを獲得!
必死に頑張っているHaに親も負けてはいられない。

今回の日記は、スポーツに関しての話のようであるが、それだけではないと思う。

私は、子供を産み、育ててきた過程の中で、
「自分を棚の上に上げて、何を偉そうに・・・」と思いながら、
子供を叱る(諭す)事が多い。ガミガミガミガミ・・・(笑)
しかし、子供に何かを本気で伝えたかったら、親は偉大でなければいけない。

特に母は、子育てが始まると、妻、母、働く女性として、自分の時間が自由にならないことが多い。
おっとうに出会い、バドミントンを始める前、RBというスポーツで全日本のトップ10を狙っていた頃、仕事、家事、育児にスポーツ・・・とバランス良くできず、ランキングが下がっていく自分を認められずに悔しい思いをしたことがあった。
しかし、限られた時間の中でも、自分への挑戦は可能だ。
悪い状況の中でも、母として、子供には本気で伝えられるものがあるはずだ。
自信があったのか、と聞かれたらない!と答えただろう。
しかし、前回の日記に記した。
「今の私の心の中には死角はない。」と。
それは、今の自分がやれる範囲はこれが精一杯だと、今の自分の実力を把握していたからだ。
独身の若い子に比べたら、練習の量も時間も勝てるはずがない。
日々の積み重ねの差では、「母」という生き物(笑)は一番不利なのだ。

試合当日、その自分を正視する。
少ない時間で精一杯やってきたことを思い出す。ひとつひとつ。
それを全て克己心によって出し尽くす決心をする。
上を向く。

今回は、その姿を娘たちに伝えることができた。

「Ha、ai。まだまだママは君たちの前を走り続けるよ。
いつか追い抜いていけ!」

b0003287_22595947.jpg

↑なんぢゃ、こりゃ?(笑)第二弾>ビデオ画像です、スマソ!

おっとうは今回は、メダルの色は金メダルではなかったが、年上の同じクラブの通称たぬき(笑)と必死の苦しい試合だった。
おっとうの実力を地域では知らない人はいない。
当然、たぬきは雨霰とスマッシュを浴びる。
よくしのぐものだと関心する。
そしてまた、おっとうもそれをカバーしようと、地べたに這うように拾う。
格好悪いおっとうも、娘たちにとっては格好いいおっとうなのだ。

親は偉大なり!(笑)
まだ、夫婦で娘たちの前を走り続ける!

追伸‥キラリン☆星人>いつもありがとう。
[PR]
by junmama96 | 2005-06-06 00:00 | スポーツ |
2005年 06月 01日 |
2005/5/22(日)

己に克つ。

日常と違った環境に自分の身を置く時。
それも勝敗がかかっていたり、結果が問われる場ならなおのこと。
いつもと違った自分と向き合わなければならない。
いつもと違う空気、いつもと違う自分のコンディション。
それに気付かない人はラッキーだ。
しかし、ほとんどの人が、それに動揺し、向き合う以前に終わってしまうことや悔しい結果を招くことが多い。

まだ小学生低学年のHaが、スケートジャパンという大きな大会にシングルで挑戦した。
b0003287_1211168.jpg

b0003287_1213270.jpg

b0003287_1215853.jpg

母である私が、どんな言葉をかけても、高鳴って言うことを聞かない心拍と、失敗を恐れる気持ちは消えるものではない。
これから、君が選んだ道は、
自分が経験し、気付き、乗り越えていかなければいけない道。
今まで地道に積み重ねてきた練習だけがHaを支える。
私は、ウォーミングアップコーナーに行った先生とHaを見送った。
見続けようと思っていた。

Ha、これからが君の始まり!
羽ばたいていけ!と私は言った。

b0003287_128242.jpg

精一杯の笑顔で。
張りつめた気持ちの中で滑り抜いた、たったの1分間。
その1分間のためにHaはずっと先生との時間を積み重ねて来た。
その全てだった。
b0003287_1303116.jpg

b0003287_1305242.jpg

b0003287_13173.jpg

その結果が金色だった。
どんな調子であろうと、どんなに不安であろうと、
今ある、今持っている自分の全てを出し切ること。
それが克己。
Haはいつか自らその意味を理解する。

おめでとう、Ha。
もっと高く、もっと遠くへ羽ばたいていけ。

b0003287_1334833.jpg

↑なんじゃ、こりゃ??(笑)<ビデオの画像です。スマソ!

この日は、Haと重なって、連覇をかけてアラキングとおっとうが試合に臨んでいた日でもあった。
4月から関西に転勤になり、数回しかシャトルを打っていないアラキング。
そして、連覇を阻もうと、更なる強者が集まった。
しかし、お互いを理解し、全てを出し切り、カバーしあった二人のダブルスは崩れなかった。
この大会での初の3連覇達成。
Haのサポートに回り、遠くから応援していた私にとって、ダブルのうれしい一日となった。
おっとうもまた、あの日の優勝以来、兜の緒を緩めることなく、苦しい練習を積み重ねてきた。
己を制することに結果は必ずついてくる。

b0003287_139477.jpg

私はと言えば(笑)、
数年前におっとうに習って始めたバドミントンではまともな勝利はない。
しかし、勝負の前に、必ず自分と相対する。
体育大学以前から試合の前にやってきた儀式のようなものだ。
今日の体はどうか。
今日のメンタルコンディションはどうか。
負ける試合でも悔いの残る試合は絶対にしない。
悪いなら悪いなりに全てを出し切る。

今週末も久々の試合が待っている。
今の私の心の中に「死角」はない。
さぁ!行こう!!
[PR]
by junmama96 | 2005-06-01 00:00 | スポーツ |
2005年 04月 06日 |
2005/4/6(木)

家族みんなの夢もあれば、自分だけの夢もある。
Haは、5月の大会に向けて振り移しが始まった。

b0003287_20172455.jpg

ヨチヨチ歩きのまま出た幼児クラスの団体戦から4度目の大会を迎える。
シングルで出場するのは今年で2度目。
協会公認の大会で、今回Haが信頼する先生が出場すると決めた種目はなんと規定(課題)!
華やかなプログラムのフリーよりも、ひとつひとつの技術(課題)を重点的に見られる種目だ。
もちろん規定というからには、限られた演技の中に、課題の技術を決められた回数取り込まなければならない。
ひとつでも失敗すると減点の対象になる。

この種目をHaに先生が選んだのはなぜなのか。
それは、以前この日記に書いた「基礎と信頼関係」にあるのかもしれない。
どんどん上のクラスにいくお友達を見せながら、先生はHaに繰り返し繰り返し基礎しか教えない。
ゆっくりと丁寧に。
b0003287_20185721.jpg

レッスンの限られた時間、Haは先生だけを見ている。
先生の言うことだけを聞いている。
b0003287_2020823.jpg

そして、レッスンが終わると数時間、一人で先生に習ったことを思い出すかのように、繰り返し基礎の練習をしているHa。
まるで、私が幼い頃に見たオリンピックの今はないコンパルソリー(規定)を見ているようだ。
「選手の邪魔になっているんだけど(笑)、ああも基礎を繰り返ししているHaちゃんを見ていると、どけとは言えないよね、ってみーんな言っているんだよ。」
「今はあれしか能がない子なんで!って言ってるのさ、私。あははは」と先生。

今はあれしか能がない。
今は。
先生もまたHaを信じている。
揺るがない基礎を積み上げる為に努力することが、どれだけの力を発揮するのか。
b0003287_20253931.jpg

大きく 高く はばたいていけ!Ha!
ママもずっと見てるから。
[PR]
by junmama96 | 2005-04-06 00:00 | スポーツ |
PageTop
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon