JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 01月 16日 |
余談からスタート。(笑)
で、我が家の猫。

一番ハンサム(?)、温厚、やる時ゃー非常に強いモク。
闘わずして相手を制することができる!
b0003287_146673.jpg

去年の5月に出産してお母さんを経験したモクの4ヶ月下の妹ユメ。
栄養失調で寒空に放置されていたのを救った猫なので小さいのだ。2.8kg。
今では避妊手術も終えて、すっかり小娘(笑)に戻っている。
b0003287_1465341.jpg

mili(ミリ)。
ユメの生んだ子供。里親さんにもらわれて行ったが、事情により、
ちょっとの間里帰り中。
miliという名前は、ハワイ語で、「愛おしい」「抱きしめたい」などという意味があるらしい。
娘たちがこのように耳を裏返して、
「スティッチーーー♪♪」と遊んでも全然平気なちょっと変わった猫。(笑)
b0003287_1472213.jpg

タラっちは、日々放浪生活をし、家の外で餌を食べているので写真なし!(笑)

さて、本題に入るか・・・(笑)
b0003287_1493631.jpg

娘たちと一緒に小学校に登校した。
何故かと言うと・・・
一言で言うなれば、「イジメ対策?」。
日頃、誰からイジメられた〜、誰から叩かれた〜、などと言って、
娘が泣いて帰ってくるのは日常茶飯事。
その中で何回も名前が出る男の子がいるのは知っていた。
ケンカなんてのは、小さいうちにいっぱいやって、心と体の「痛み」を知っておくのも、
成長のひとつ!なんて考えて放っておいたわけだが・・・

今回のは、ちーとひどかった。- -;

冬の厚手のズボンの上から、理由なく「きめ〜んだよ!」(気持ち悪いの意)と蹴られ、
ズボンの上からなのに、大きな青あざと擦り傷までできてた。

どうしようか。

かな〜り母JUNmama悩んだ。

周りのお母さんの多くは、即学校または親に連絡し、厳重注意とすることだろう。
私はその蹴った男の子を知っていた。もちろんお母さんも。
「関係ないよ!厳しく言った方がいいよ!!担任にも連絡しなよ!!」
と友達は言ってた。

悩んだ末、早朝からノーメイク(笑)で、娘たちと登校。
関係ないけど、
「朝の学校ってなんかいいよね。」^^ ←おい・・・

その男の子の担任の先生に、事情を話し、今回は私に話しをさせてくれ、先生は何も知らなかった事にしてくれ、とお願いする。

さて男の子登場!
「おっす!○○くん!話しがあるんだけどいいかな。」
『ヤバイ・・』という表情をして立ち尽くしている男の子の前で、腰を落として座った。
手なんかも握ってみた。(笑)
「なんでaiを蹴ったの?何か理由があった?」
「い、えーー・・っと。・・・・なんだっけ・・・」
「あのさ。○○くんはもう今年6年生になるんだよね。
 aiの行動で色々気に入らないことなんかあるかもしれない。
 何か蹴った時にイライラしたのかもしれない。
 でもね。これから強い男になるために覚えておいてほしいんだ。
 どんな理由があったとしても、
 『男の子が女の子を叩いたり、蹴ったりするのは絶対にダメ。』
 もうね、小学校の高学年の男の子の力はaiのママでも適わないからね。
 女の子は男の子に力では勝てないんだよ。
 本当に強い男の子は、そんな卑怯な事をしちゃいけない。
 だから、これからはもう叩いたり蹴ったりしないと約束してくれる?」

「はい、これから気をつけます。すみませんでした。」
男の子は多少ビビって(笑)いたけど、しっかりと応えてくれた。

「約束してくれたから、aiのママはもうこの話しを先生やお父さんお母さんには言わないからね。」

「ai、ごめんね。」
「いいよ。^^」

aiはうれしそうだった。
ママが学校に来てくれて自分を守ってくれたこと。
その男の子がしっかり謝ってくれたこと。

イジメってのは、いや、イジメに限らず学校で起きたトラブルってのは、
程度にもよるが、父兄が大騒ぎして、学校側の責任と子供との責任を混同しやすい様に思う。
しかし、本当に伝えなきゃいけないのは、トラブル起こした子供同士の問題、内容を、
「大人」として判断し、その本人である子供への注意や叱咤の他に、ルールとマナーを。
そして注意したのなら、心のケアまでしなければならない。

私は、親として子供を守るよ!という考えと、その子の心のケアや言う側の責任まで考えて、
動いたつもりだ。

その両方が男の子に、握った手、真正面から見た目から、感じてもらえたらそれでいいと思う。

親として、そして大人として、成長している子供達に見せていくべき姿勢はある。
守らなきゃいけないのは、自分の家の我が子だけではない。

「私には子供がいないから責任も、親としての気持ちもよくわからないけど〜」
私が相当嫌いな人物がよく言うせりふ。
子供がいなくたって、そんな大人じゃダメなんだぜ!!(笑)
[PR]
2009年 01月 01日 |
新年明けましておめでとうございます!

もう8年間もJUNmama`s Pageを続けてきたんだなぁ・・・

娘たちも少しずつ大きくなって、後から思うとあっという間で。
だんだんと家の中にも家族の絆が刻み込まれていくような時間の流れ。

2008年も色々な思い出が作れて良かった。

年末。

b0003287_16355270.jpg

大工のかっちゃんが、この家を建ててくれた時に、余り材を使って作ってくれたウッドデッキ。
3年も経つと徐々に傷んでくるんだよね。
初めての塗装にチャレンジしてみた。
マスクしてても、長時間ペンキの臭いはキツい・・・
頭がパーになる。(笑)
傷んでいる箇所も念入りに。
「まだまだこの上歩くから頑張ってね!」
と、心を込めて塗る。

きれいになったウッドデッキのテーブルで、大根の皮を干したり、野鳥に餌をあげたりしてみる。
b0003287_16363115.jpg


大きな昔ながらのストーブを買ってみた。
b0003287_1638206.jpg

学校にこんなのあったっけ?
私の時は、だるまストーブだったかな。

しほちゃん家の無農薬の甘〜い野菜を皮ごと焼いてそのまま食べたり、
コトコト、JUN豚作ってみたり。
温かいし、美味しいよね。心が美味しいってことだ。^^
b0003287_16401077.jpg

大掃除に飽きたら、中途半端な状態で(笑)友達呼んで、
みんなでクッキングパーティー。
b0003287_16414045.jpg

友達は、料理上手が多いから、色々なおかずが出来るんだよ。
Haも頑張ってグラタン作ってみた。
b0003287_1642404.jpg

b0003287_1658362.jpg

おしゃべりしながら、食べるだけ食べて・・・
b0003287_16431558.jpg

何故か生絶唱(笑)したり・・・
b0003287_16435390.jpg

「また散らかっちゃったよ(笑)、泊まってく?」^^;
b0003287_16443413.jpg


朝。
↓の日記に書いた結婚したばかりの二人。
夫のくにちゃんが、私のカメラを勝手に使いやがって(笑)、こんな写真見っけ。
私じゃ、こんなゆみこの表情は撮れないよね。
やっぱり写真は撮り手の被写体に対する「愛情」なんだよ。*^^*
b0003287_16473639.jpg
b0003287_1647484.jpg
b0003287_16481737.jpg


大晦日。
大掃除は予想通り残すところ後少し(笑)で、カウントダウン!
ウッドデッキに出て除夜の鐘を聞いたりする。
b0003287_16493895.jpg

b0003287_16501463.jpg

さて、近所の小さな神社へ。
b0003287_1651244.jpg
b0003287_16511827.jpg
b0003287_16515640.jpg
b0003287_16521911.jpg

今、こうして、家族でいられること、大切な友達がいること、
感謝して・・・

「新年明けましておめでとうございます!!」

b0003287_16532829.jpg
b0003287_16534289.jpg


2009年も、家族、周りの皆全てが、健康で幸せに過ごせますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。^^
[PR]
PageTop
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon