JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
母さんは夜なべをして〜♪
2008年 03月 28日 |
何の縁が続いているのか。

またHaが復帰したフィギュアスケートのコスチュームの衣装作り(スパン飾り付け)をしなければならない。

去年、県大会で優勝した時にも、寝不足続きで衣装のスパンコール付けをした。
b0003287_18235378.jpg

まだ製作途中だった携帯画像だが、機械的につけることができないスパンコールをビーズと一緒に一つ一つ丁寧に縫い付けたもんだった。

関東選手権の後、膝蓋骨剥離骨折と診断され、もう2度と足を踏み入れる事がないと思っていたスケートの世界にHaの強い希望で復帰した。
リハビリの時期を経て、去年優勝した大会で、上のクラスの部に出場することが決まった。
毎日一人、電車で通うリンク。
罵声とも取れる先生からの指導。
怪我。
何度もやめてしまいたい気持ちをこらえ、涙を流して来たHa。

そのHaに、先生が選んだ曲は、
映画「千と千尋の神隠し」の主題曲「いつも何度でも」のピアノバージョン。
終始スローテンポで意味の深いこの曲を踊りきるには、正確な基礎、軸の取れたバランス、ジャンプの成功が求められるはずだ。
そこで先生はあえて難しいジャンプであるアクセルジャンプを2回、2回転のサルコウをプログラムに組み込んだ。
「壁にぶつかっても、いつも何度でも、滑れること、踊れることの幸せを感じていてね。」と先生が言ったそうだ。
その分、親が破滅すr・・・(笑)

仕方がない。
Haがこのプログラムに、踊れることの喜びを表現できるように。
様々な壁を乗り越えてここまで来たことを笑顔で表現できるように。
母はまた夜なべをして、飾り付けをするよ。

千尋(千)が迷い込んだ世界、そこで必死に頑張って得た大切なもの。
海がいつも背景にあった。

衣装の色は深い青を選んだ。
b0003287_18431585.jpg

問題はどんなスパンの模様にするかだ。
イメージとしては水の中の泡のような・・・美しいガラスの破片のような印象。
b0003287_18443783.jpg

衣装を眺めながら、ずっと考えている。

針を持ち始めたら、きっと一心不乱になるだろう。
寝不足は必至。

Haの為に。
[PR]
by junmama96 | 2008-03-28 00:00 | スポーツ |
<< 桜、夕暮れを待って・・・。 PageTop 今日の桜。 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon