JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
我が家で育つもの。
2008年 05月 14日 |
約1週間程前に仕込んだ、初の「自家製天然酵母」を常温に戻した。
冷蔵庫に保存している間、瓶の中では植物性乳酸菌が活発に雑菌を退治するそうだ。
そして常温に出してから、酵母が育ち始める。
b0003287_10352782.jpg

常温1日目。
完全無農薬の美しょう柑には、わかるかな?・・・
ほんの少しの気泡が現れた!!(感動・・・笑)
b0003287_10421229.jpg

だんだんと酵母菌が育ち、体にも心にも美味しいエキスが出来上がるんだね。
成功するといいんだけれど。^^

今のところ、ワイルドベリーには変化なし。

そして、先日、朝ごはん学校で「竹の子妄想賞」(笑)を受賞したすーさんに送った、しほちゃん家の知るヒトゾ知る甘〜いミニトマト!
すーさんを強制連行して^▽^/一緒にミニトマトの酵母も作り始めた。
トマト類は傷みやすいので、冷蔵庫に長く保存して、強い乳酸菌を作ることが大切だとか。
b0003287_11114532.jpg


まだ、受賞した方々もいるので、これから一緒に妄想やら実験やらに付き合っていただこう!
イヒヒヒ(笑)

*おまけ*

もうひとつ、育つもの。
1年半前に、瀕死の状態を救った猫達。ココロとユメ。
ココロはとても良い人にもらわれて行ったが、ユメは売れ残ってしまった。
小さい頃の栄養状態が極端に悪かったせいで、体もモク(半年早く生まれたお兄ちゃん)よりずっと小さい。
お兄ちゃんが大好きで、いつまで経っても大人にならなかったユメ。
b0003287_10491729.jpg

b0003287_10494659.jpg

それが、ちょっと脱走させてしまった隙に、お母さんになってしまった。
ユメの恋の季節は突然やってきてしまった。
猫の妊娠期間は2か月。
もう歩くのもふーふー言うくらいお腹が大きくなって、横になることが多い。
そっとお腹に手を当てると、自分のお腹の中にHaとaiがいた頃を思い出すくらい、小さな命が生きているのをしっかり感じることができる。
完全に油断してしまったミスかもしれない。
けれど、こうなったら、最後まで責任取るしかないんだよね。
今、またログハウスが大家族化進行しようとしているけれど(笑)、
私もまた小さい頃、飼っていたメス猫が出産したのを見た事がある。
真夜中に苦しそうに鳴き声をあげる猫を、母が寝もやらずさすっていた記憶がある。
娘たちと一緒に産箱を作り、命の誕生を見守ろうと話した。

「ユメ・・・あの時死にそうだったおまえがお母さんになるのか。」
「ニャー・・・」

「そんな小さな体でお母さんになれるのかよ・・・」
「ニャー・・・」

「ちゃんとお母さんやれるん?」
「ニャー・・・」

知ってか知らずか、まだあどけない表情でユメが応える。

あの冬に助けた命に、また命が確実に育っている。
b0003287_111426.jpg

b0003287_1111570.jpg

[PR]
by junmama96 | 2008-05-14 00:00 | ごはん |
<< ログハウス文庫新刊。 PageTop 初めての自家製天然酵母。 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon