JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
おかあさん。
2008年 10月 04日 |
5/17にユメがおかあさんになった。
1日のほとんどを赤ちゃん猫のいる産箱の中で過ごす。

おっぱいをあげ、
1匹1匹をなめてあげ、
赤ちゃんがぐっすり眠ると、少しの時間、自分の食事や排泄を済ます。
当然兄モクは相手にもされない。(笑)
2階にいる赤ちゃんの小さな小さな鳴き声も聞き逃さず、
声が聞こえたら走って飛んで行く。
そして、また横たわってお乳をあげる。

その繰り返し。

こんなこと、誰に教わるでもなく、どうしてできるんだろう。

人間じゃあ、迷い戸惑い、時にはストレスがたまって、
おかあさんの心の行き場がなくなるような気持ちにすらなる。

ユメは苦とも厭わず、ただ「それ」を繰り返した。

「おかあさんの愛情」の原点を見たような気持ちになる。
b0003287_14204574.jpg

b0003287_14211066.jpg


瞳が開きかけた頃。
b0003287_14223051.jpg

b0003287_14224738.jpg


巣箱の外の世界。
おかあさんを呼んで鳴く。
(この後ユメがみんな食わえて巣箱に戻したよ。)
b0003287_14254440.jpg

b0003287_14255917.jpg

simple(シンプル)。
日本語にすると、単純、やさしい、基本的な・・という意味であるが、
そんな単純でやさしい、けれど深く大きな愛情に包まれ、育っていく子猫たち。

「違う色の首輪つけてもらった。」
b0003287_14335584.jpg

b0003287_14344956.jpg

おかあさんからもらった温もりは、兄妹同士の温もりにも繋がっていく。
安心して子猫は遊び始める。
そこにも必ずおかあさんがいて・・・。
b0003287_14392217.jpg

b0003287_14394229.jpg

b0003287_14401163.jpg

b0003287_14403371.jpg

生後1ヶ月を迎える頃、里親になってくださると言う方を探し始める。
7/6から最後の子猫が里子に巣立った9/3まで、いや、それぞれの場所へ全ての子猫が巣立った後も、
ユメはおかあさんだった。
最後の子猫がいなくなった夜は、ずっと探して鳴いてたね。
ユメ・・泣いていたの?

子猫と同じくらいの小さな体で、子猫が自分と同じ程に大きくなっても、
おっぱいをあげ、なめてあげ、そばにいた。
いつだってそばにいた。
b0003287_1450024.jpg

b0003287_14502149.jpg

b0003287_14504350.jpg

b0003287_14581080.jpg

あの日、希(のぞたん)の命と引き換えに助けた小さな命。
そして里親探しで売れ残ったユメ。
そんなユメのおかあさんの姿を見れたことが心から幸せだと思えた。



ユメは同じ母として、私が、最も尊敬する「おかあさん」そのものだった。
b0003287_14575354.jpg

[PR]
by junmama96 | 2008-10-04 00:00 | 猫たち。 |
<< PTAソフトボール大会。 PageTop 彼岸花。 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon