JUNmamaの気ままーな日記

一日の中でなにかを見つけてなにかを感じるってすごく大事なことだよね。
Top
<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 03月 06日 |
私は生まれてすぐ職場に復帰した母のせいで(笑)、朝から晩まで祖母に預けられていた。
今年90いくつになるのか、祖母は年々弱々しくなってきて寂しい。
おばあちゃんが作ってくれた煮物の記憶は数多い。
蒸し鍋で作ってくれたプリンもおいしかった。
竹串で周りをクルクルと回して皿に乗せる瞬間が楽しみでたまらなかった。

b0003287_22171854.jpg

「ずいき」という食べ物はご存じだろうか。
関東では「芋がら」と聞く。
正式にはサトイモ(八つ頭)の葉茎を「ずいき」、それを天日乾燥させたものを「芋がら」というらしい。
このずいきをおばあちゃんは、よく油揚げと一緒に煮てくれた。
長い赤い茎のような野菜の筋を取り、灰汁抜きしていた姿が記憶に残っている。
ネットで検索してみると、色々な食べ方があるようだが、私にとっては、油揚げとだけ煮たずいきがずいきなのだ。

b0003287_22242598.jpg

偶然しほちゃん家のお店でこのずいきを見つけて、懐かしくなり、思わず手に取った。
家に帰って娘と一緒に水で戻し、煮物を作り始めた。
子供の頃、ただ脇で見ていた記憶だけを頼りに・・・。
油揚げと水で戻したずいきを、鰹だしと砂糖、しょうゆで煮るだけ。

b0003287_2228196.jpg

ああ、やっぱり生のずいきとは味が違う。
けれど、あの時のおばあちゃんの作ってくれたずいきの煮物だ。
私にとってはこれだけでもごちそうだった。

どんな煮物もおばあちゃんの味には勝てない。

ただ、こんなことを私は娘たちに笑顔で伝えていきたいと思う。
娘たちが喜んでこのずいきを食べてくれたことがとてもうれしかった。
[PR]
by junmama96 | 2007-03-06 00:00 | ごはん |
2007年 03月 03日 |
冬らしくない冬ももう終わりの季節。
連続徹夜の仕事も一段落つき、春をあちらこちらに感じる。
b0003287_1502571.jpg

携帯電話も「春モデル」が登場し、22か月使った携帯を模様替え。
よく通うパワーストーンのお店でオリジナルに作ってもらったストラップ。
レッドタイガーアイがとてもきれいな色に光る。
健康運とメンタルがクリアーでいられるような石を選んだ。


b0003287_1555610.jpg

1月に「希」のぞたんのおかげで命を繋いだ子猫。
ダニがひどく、あちこちにハゲが(笑)できて汚かった2匹。
王子モクが母猫のようにいつもそばにいた。
b0003287_159249.jpg

温かい場所があり、食べ物を食べ、いつだって安心できるようになったココロとユメ。
人や生き物は皆、愛情を注いでもらい、慈しんでもらえば、穏やかに美しく強くなっていくものだろうか。

やはり王子と顔がそっくり。
どなたかもらってくれませんか?
優しくて可愛い良い猫たちです。(^-^)


b0003287_1512456.jpg

庭に餌台を作ってからすっかりヒヨドリちゃんの縄張りで、ひっそりと餌を食べにくるこの鳥。
とても愛らしい顔をしている。
何と言う名前の鳥だろう?
誰か知っている?


b0003287_15195625.jpg

四季折々の風景を楽しむのに恒例になったここ。
また来たよ。
b0003287_15213612.jpg

暖かい春の風に吹かれて深呼吸。
b0003287_15223100.jpg

川沿いに背の低い一本立ちのネコヤナギ。
b0003287_1523582.jpg

変わらず迎えてくれるこの風景。


「漆工房やました」
娘たちがフムフムと呼んでいるワンちゃんがいる。
長瀞には美味しいものも多いんだよ。
b0003287_15243623.jpg

b0003287_15251839.jpg

b0003287_15254856.jpg



何とか間に合ったロウバイの花。
b0003287_15283716.jpg


楽しい一日を過ごせた。
同じ時間を過ごすなら、こんな風に季節の息吹を感じながら過ごしたい。

春が来る。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon